• 印刷
  • 前のページに戻る
  • 過去に見たページをチェック

メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

派遣交換留学/留学体験談(台湾)

色々な事にチャレンジできる環境

高谷 陶齢
外国語学部 中国語学科3年

留学先:国立台湾師範大学(台湾・11ヶ月)
時期:2015年8月~2016年6月

台湾師範大学では大学の講義のほかにも、付属の語学学校の授業が受けられます。8人ほどの少人数制で無料の交換留学生クラスと、有料で一般の語学留学生の授業も受けられます。授業では中国語を使って会話練習のほかにも台湾の文化や言い回しを学べるので、語学学校では日常会話や中国語の基礎を、台湾師範大学では自分の専門的分野を勉強できました。留学中は後悔しないように、やってみたい事はすべてやることを目標に行動していました。選択した本科生の講義は初めの頃そのレベルに満たない中国語にも関わらず、歓迎してくれた教授、講義中わからない所やテスト前親身になって教えてくれた友達、色々な人たちが支えてくれたお陰で最後まで頑張ることができ、すべての単位を習得することができました。

寮では1部屋に外国人留学生4人という共同生活で、ルームメイトと中国語で部屋での生活の決まりを作ったり、遊びにでかけたり、消灯時間が過ぎ布団に潜っても話が止まらず明け方まで話し込んだり、また寮のWi-Fiが弱く廊下でパソコンをしていると、通りかかった他の部屋の人に声をかけられてそこでおしゃべりがはじまるなど、気さくで優しい留学生に囲まれた楽しい寮生活が送れました。 

台湾師範大学では困っていると手を差し伸べてくれる人たちばかりなので、失敗ばかりする私も安心して色々な事に挑戦できました。留学は語学の勉強以外にも沢山の事を経験できる良い機会だと思います。中国語圏への留学に迷っている方は、勉強環境も良い素敵な人に沢山出会える台湾師範大学がお勧めです。

このページのトップへ

留学体験記トップへ戻る

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ