• 印刷
  • 前のページに戻る
  • 過去に見たページをチェック

メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

国際交流について

KANAGAWA UNIVERSITY 世界へ、そして未来へ

「世界へ、そして未来へ」という神奈川大学のモットーの基に様々な試みを行い、益々日本の国際的大学の一つになりつつあります。

協定校・提携校の充実

全世界に各地101校の協定校と学術交流を行っています。

国際センター

各キャンパスに国際交流担当の部署をおいて、特に横浜キャンパスには2015年より専用の国際センター棟(29号館)の設立に伴い、さらに活発なキャンパス内国際交流を行うようになりました。

交換留学・短期語学研修

交流協定校との間で語学研修および派遣交換留学が制度化されているほか、研修制度の地域・研修校を広げる目的で、協定校以外の諸大学への研修制度の拡充に努め、学生の自主的な研修意欲に応えています。年間100名以上長期留学へ送っています。
また、諸外国からの留学生受入れにあたっては、留学生入試制度の実施、学費減免制度、チューター制度を導入し、留学生支援を推進しています。
神大から世界へ」でも「世界から神大へ」でも学生が羽ばたく機会を設けています。
国際センターでは相互の留学生のサポートをしています。

日本語・日本文化プログラム

神奈川大学では、世界各国の方々が参加できる短期集中型の語学プログラムを実施しています。日本語学習を中心に、語学力の向上、日本についての講義、見学に行き、茶道、書道などの実際に直接ふれる機会を持ち、日本の伝統文化と現代日本の諸側面の理解を深めることを目的とします。神奈川大学生との交流の機会もプログラムに含めています。2016年度より冬季プログラムも導入し、現在は年に2回行われています。

留学生用の宿泊

横浜キャンパスより徒歩5分の国際寮をはじめ、両キャンパスには留学生を含む学生のための宿泊施設を設けています。
国際センターが留学生が宿舎・アパートに住むための手続きに関するサポートを行っています。

国際的な研究

世界中の大学との間で、研究者派遣、共同研究、調査、表敬訪問など、様々な形で交流を深めています。
特に、研究所間での共同研究が活発に行われており、国際シンポジウムの定期開催、研究課題の文部科学省科学研究費補助金への採択などの成果を上げています。

グローバル人材を育てる環境を確立しています

国際知識・技能が不可欠な時代には様々なプログラムを実施しています。海外留学の準備のため、または国内の国際社会に生きていくために学内でも課外の国際交流や語学学習の機会を提供しています。

学内国際交流イベント

国際センターや学生主催の様々なイベントを行っています。相互学習などの制度により、留学生と触れ合う機会が増えています。お互いの言葉や文化について語り合ったりすると一生の友達ができるかもしれません。

外国語学習

言語は道具です。週5回、全100回参加できる英語力UP集中講座・KU TOP ENGLISHをはじめ、課外講座などを利用して、語学力の向上を目的とし、学生が自らの努力によりグローバル人材になるための場を設けています。

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ