最新のお知らせ

感染症と予防接種

予防接種は赤ちゃんや子どもに必要な注射と思っていませんか。実は、大人になってからも必要な場合があります。予防接種が有効な主な感染症は下記の通りです。

注意
  • 渡航する場合、国により予防接種が義務付けられている場合があります。

65歳以上の方が対象の予防接種

肺炎球菌感染症
特徴

肺炎球菌は日常生活の場に存在しているが免疫が弱まっていると感染し、肺炎の症状が出る。高齢者が罹患する肺炎の原因菌で最も多い。

予防
  • 予防接種(65歳以上の人など)
  • 手洗い、うがい
予防接種について
  • 65歳以上では身体は元気でも免疫力は落ちてくるので、肺炎にかかりやすく、また悪化する確率も高くなるため、2014年10月~定期接種(国や自治体が接種を強く勧めるワクチン)となりました。教職員では主に、年度内に65歳・70歳になる方が対象です。
  • 接種の間隔は5年以上あけることが勧められており、2回目以降の接種は医師に必ずご相談ください。
  • 接種可能医療機関や補助については、お住まいの自治体にご確認ください。