最新のお知らせ

大学における感染症の対応

感染症とは、身体に入ったウイルスや細菌などにより発熱などの症状を引き起こす病気です。キャンパス内は多くの人たちが過ごすため、感染力が高い場合には、瞬く間に感染が拡大します。
感染症のなかで特に感染力の高い感染症については、学校保健安全法で「学校において予防すべき感染症」(以下、学校感染症)とし、学生においては出席停止期間が定められています。学生が学校感染症にかかった場合、感染流行状況の把握などのために保健管理センターへの届け出が原則必要となります。
学生より、学校感染症に罹患した報告を受けましたら、保健管理センターへ速やかに連絡するようご指導ください。

【参考】学校感染症と学生の出席停止期間

(学校保健安全法施行規則第18条、「学校において予防すべき感染症」)

出席停止期間
第一種感染症 治癒するまで
第二種感染症 インフルエンザ 発症した後(発熱の翌日を1日目として)5日を経過し、かつ、解熱した後2日を経過するまで
百日咳 特有の咳が消失するまで又は5日間の適正な抗菌薬療法が終了するまで
麻しん 発しんに伴う発熱が解熱した後3日を経過するまで
流行性耳下腺炎
(おたふくかぜ)
耳下腺、顎下腺または舌下腺の腫脹が発現した後5日を経過し、かつ、全身状態が良好になるまで
風しん 発しんが消失するまで
水痘
(みずぼうそう)
すべての発しんがかさぶたになるまで
咽頭結膜熱
(プール熱)
発熱、咽頭炎、結膜炎などの主要症状が消失した後2日を経過するまで
結核 病状により学校医等において感染のおそれがないと認めるまで
髄膜炎菌性髄膜炎 症状により学校医等において感染のおそれがないと認めるまで
第三種感染症 学校医等が感染のおそれがないと認めるまで

主な学校感染症とその予防

インフルエンザ
特徴 毎年12~3月にかけて流行する感染症
【感染経路】感染した人の咳やくしゃみによる唾液や鼻水で感染
【症状】悪寒、頭痛、高熱で発症。咳、鼻水、だるさ、筋肉痛などの症状もある。
【治療】安静、水分補給が原則。発症後48時間以内の抗インフルエンザ薬投与で効果がある。
予防
  • 手洗い、うがい
  • 人混みに出るときはマスクをする
  • 室内の湿度(40~60%)を保つ
  • 予防接種
麻しん
特徴 感染力が非常に強く、1,000人に1人の割合で命を落とすことがある。
【感染経路】感染者の咳やくしゃみによる唾液や鼻水で感染することはもちろん、空気感染をするため、教室や体育館など感染者と同室になった場合、免疫を持っていない人は90%以上の確率で発症。
予防
  • 予防接種(2回接種)が有効
    ※手洗い、うがい、マスクは無効
風しん
特徴 感染力が強い
【感染経路】感染者の咳やくしゃみによる唾液や鼻水で感染する。
【治療】妊娠中の感染により、赤ちゃんの耳や眼、心臓に障がいを生じたり、精神や身体の発達に遅れが生じたりする『先天性風しん症候群』になる危険性がある。
予防
  • 予防接種(2回接種)が有効
  • 手洗い、うがい
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)
特徴 感染力が強い
【感染経路】感染者の咳やくしゃみによる唾液や鼻水で感染する。
【注意】無菌性髄膜炎、難聴、精巣炎などを併発することがある。
予防
  • 予防接種が有効
    (1回で重症化をほぼ予防でき、2回の接種により発症を予防できる。)
  • 手洗い、うがい
水痘(みずぼうそう)
特徴 感染力が強い
【感染経路】感染者の咳やくしゃみによる唾液や鼻水で感染することはもちろん、空気感染をするため、感染者と同室になった場合、免疫を持っていない人は高い確率で発症。
【注意】妊娠中に感染すると、胎児に影響がある。
予防
  • 予防接種が有効
    (1回で重症化をほぼ予防でき、2回の接種により発症を予防できる。)
    ※手洗い、うがい、マスクは無効