最新のお知らせ

インフルエンザにかかったら

本学では「公欠」の制度はありませんが、学校保健安全法で出席停止期間が定められているインフルエンザにかかった場合は、出席停止措置をとっています。

1

保健管理センターへ電話連絡

インフルエンザと診断された場合は、直ちに各キャンパスの保健管理センターに電話で連絡をしてください。感染拡大防止のための病状聞き取り調査と欠席の証明に必要な手続きの説明をします。
(授業・試験の問合せは、教務課/平塚教務課へ)

2

登校可能となるまでは外出を控える(出席停止期間)

出席停止期間

発症した後(発症の翌日を1日目として)5日を経過し、かつ、解熱した後2日を経過するまで。※発症は、発熱を目安とする

〔学校保健安全法施行規則〕

療養中は以下について記録をしてください。

  1. 体温測定:発熱開始日から登校可能となる日まで毎日朝・夕2回測定
  2. 諸症状の有無:発症後の症状(鼻汁・咽頭痛・咳など)について体温測定時にチェック
3

治癒後の手続き

欠席証明書が必要な場合は、下記の書類(2種類)を保健管理センターへ提出してください。書類を確認後、教務課提出用書類を作成します。

1.体温・症状の経過が確認できるもの

毎日朝・夕2回測定した体温と症状をチェックした記録(体温・症状記録表PDFファイル)やメモ
※ 発症・解熱日が確認できること

2.インフルエンザ罹患が証明できる原本書類(1~3のいずれか)
  1. 受診日・氏名が記載されている内服の説明書など
  2. 感染症登校許可証明書PDFファイル
  3. 診断名・療養期間が記載されている診断書