• 印刷
  • 前のページに戻る
  • 過去に見たページをチェック

メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

年別一覧

高等学校との連携についてのお知らせ

2016.05.30

女子中・高校生のための実験イベント「Girl’s SCIENCE Laboratory」開催のお知らせ

このページを他の人と共有する

ガールズサイエンスラボラトリは、女子中・高校生のための実験イベントです。日常生活で深く関わっているものを用いての実験や、中学・高校ではまだ教わらない未知なる「科学」の世界を学び、その楽しさ・魅力などを体験できます。

また、実験の合間や終了後には、大学院生や大学生に学生生活の話を聞いたり、今後の進路(特に理系への進学)への疑問や不安を気軽に質問をしたりすることもできます!

神奈川大学は、内閣府男女共同参画局の女子高校生・女子学生の理工系分野への選択を応援する「理工チャレンジ」に参加しています。

内閣府男女共同参画局 理工チャレンジ

全体スケジュール

※8/6(湘南ひらつかキャンパス)、8/7・8(横浜キャンパス)はオープンキャンパス同時開催
※オープンキャンパス参加者が見学する場合があります(8/7横浜キャンパス「化学」は見学不可)
※8/6(湘南ひらつかキャンパス)のみ無料送迎バスあり

Girl’s SCIENCE Laboratory(横浜キャンパス)物理学

日程

2016年8月6日(土) 14:00~17:00

会場

神奈川大学 横浜キャンパス(横浜市神奈川区六角橋3-27-1)

参加対象

女子中学生、女子高生(中学3年~高校3年)

定員

16名

プログラム

「光と色の科学~空の虹から青色LEDまで~」
青色の空、赤色の夕焼け、空にかかる七色の虹、きらめくイルミネーション照明など私たちの世界は“色とりどりの光”であふれています。
あなたは、ふとこんな疑問をもったことはありませんか?
「空はなぜ青いのか」「なぜ虹は雨上がりに現れるのか」「衣服の色が屋内と屋外とではちがって見えることがあるのはなぜか」
LED光源や分光器と呼ばれる装置を使った実験を通して、これらの疑問について一緒に考えてみましょう。
また、「青色発光ダイオード(LED)の発明はなぜ注目され、ノーベル賞を受賞したのか」など、光と色に関する最新の科学トピックスも紹介します。

 

教員

工学部物理学教室 客野 遥 助教

Girl’s SCIENCE Laboratory(横浜キャンパス)化学

日程

2016年8月7日(日) 13:00~17:00 (オープンキャンパス同時開催)

会場

横浜キャンパス(横浜市神奈川区六角橋3-27-1)

 

参加対象

女子中学生、女子高生(中学1年~高校3年)

定員

30名程度

プログラム

「フラスコの中の虹!~なないろに変わる反応を見よう~」
フラスコの中の液が次々なないろに変わる振動反応、タイマーのように正確に色が付いたり消えたりする時計反応。
目に見える色と化学反応の「不思議の世界」をのぞいてみませんか?

教員

工学部化学教室
岩倉 いずみ 准教授


工学部物質生命化学科
齋藤 美和 特別助教

 

[中学生の皆さんへ]
オリジナルの波紋をつくってみませんか?

[高校生の皆さんへ]
この反応は高校化学の範囲で十分理解することができます。
色の変化をタイマーとして使い、実験後、反応のメカニズムや反応の進み方の詳細を解説します。

Girl’s SCIENCE Laboratory(横浜キャンパス)生物学

日程

2016年8月7日(日) 13:30~16:30(オープンキャンパス同時開催)

会場

神奈川大学 横浜キャンパス(横浜市神奈川区六角橋3-27-1)

参加対象

女子中学生、女子高生(中学1年~高校3年)

定員

16名※定員に達したため、受付を終了いたしました

プログラム

「パンが膨らむ秘密!?-体験しよう、小麦の力-」
家でケーキやお菓子を作ることを想像してみてください。レシピの材料の欄には必ず「薄力粉」とありますね。では、パンのレシピではどうでしょう?「強力粉」と書いていませんか?

実は、これらの粉はすべてコムギという植物の穀粒(タネ)を細かく砕いた「小麦粉」なんです。同じ「小麦粉」なのに、なぜいろいろな種類があるのでしょうか?なぜ作るものによって、小麦粉の種類を変える必要があるのでしょう?
ガールズサイエンスラボラトリーで一緒に実験しながら、このような疑問の答えを探してみませんか?

※種類の違う小麦からつくったパンの食べ比べも行います。

教員

工学部生物学教室 中川 理絵 助教

Girl’s SCIENCE Laboratory(横浜キャンパス)数理生物学

日程

2016年8月8日(月) 13:00~16:00(オープンキャンパス同時開催)

会場

神奈川大学 横浜キャンパス(横浜市神奈川区六角橋3-27-1)

参加対象

女子中学生、女子高生(中学1年~高校3年)

定員

30名

プログラム

「海の生き物の性の不思議を数学で解き明かそう」
海の生き物の性はとても多様で、雌雄異体をはじめ、雌雄同体や性転換などがあります。雌雄同体はからだの中に、精巣と卵巣を同時に持ち合わせているものです。性転換は一生の間に、雄から雌あるいは雌から雄に性を換えることです。また雌雄同体や雌に比べると極端にからだのサイズが小さい雄が見られることもあります。
特にフジツボは種によって、性の組み合わせが3つもあります。雌雄同体のみの種、雌雄同体に小さな雄(矮雄、わいゆう)がくっつく種、そして雌に矮雄がくっつく種。なぜこんなにも多様な性の組み合わせが進化してきたのか。
なぜとても小さな雄が出てきたのか。これらの問題を解くひとつの方法として、数理生物学という学問分野があり、「数学モデル」を使ったアプローチがあります。
実際にフジツボ標本に触れながら、フジツボの性の不思議を簡単な数学で解き明かしていきましょう。

 

教員

工学部情報システム創成学科 山口 幸 特別助教

Girl’s SCIENCE Laboratory(湘南ひらつかキャンパス)化学

日程

2016年8月6日(土)、8日(月) 14:00~16:00(6日はオープンキャンパス同時開催)

会場

神奈川大学 湘南ひらつかキャンパス(平塚市土屋2946)

参加対象

女子中学生、女子高生(中学3年~高校3年)

定員

各日20名

プログラム

実験してみよう!身のまわりの化学

実験1:「口紅を科学する」-なぜキレイに塗れるの?口紅の香りは違うの?
実験2:「人と環境に優しい殺菌剤って」-漂白剤と殺菌剤の効果を測定しよう!
実験3:「おいしい手作りチョコレートには秘密があった」-粉が吹いたことな~い?優しい口どけのチョコレートは熱処理で!
実験4:「ダイエットに効果のあるミネラルウォーターって本当にあるの?」-何が違うの?様々な水をはかってみよう!
実験5:「昔と今の金属を測定してみよう!」-古銭はどんな金属?あなたのアクセサリーは金、銀、白金それとも?
実験6:「いろいろな塩をはかってみよう-海塩と岩塩は何が違うの?」-結晶と不純物に着目して

教員

理学部化学科 西本 右子 教授

Girl’s SCIENCE Laboratory(湘南ひらつかキャンパス)発生生物学

日程

2016年8月19日(金)13:00~16:00

会場

神奈川大学 湘南ひらつかキャンパス(平塚市土屋2946)

参加対象

女子中学生、女子高生(中学1年~高校3年)

定員

20名

プログラム

「ゼブラフィッシュの器官発生を見てみよう」

小型の真骨魚類であるゼブラフィッシュDanio rerioは、最も単純な脊椎動物のモデル生物の一つとして、世界中で多くの研究に利用されています。
1mm程度の小さな受精胚は透明で、顕微鏡下で生きたまま観察することができるため、眼胞や心臓、消化管といった器官をはじめ、全身にくまなく張り巡らされる神経や血管といった器官の発生研究においても極めて有力な実験モデルとなっています。また、全ゲノム配列が解読されているため、遺伝子の解析も容易です。

ここでは、そのゼブラフィッシュ胚をまずは生きたまま観察し、並行して、特定の遺伝子発現を検出して染色した胚と比較してみることで、器官が発生段階でどのような形態になっているかを理解します。
それらの基本的な観察と座学を通して、形態発生研究の最近の動向を探っていきたいと思います。

教員

理学部生物科学科 藤田 深里 特別助教

お申し込み方法

注意事項

お申し込み前に必ずご確認ください。

  • 本イベントは公開イベントとなるため、オープンキャンパス参加者が見学する場合があります。(8/7横浜キャンパス「化学」は見学不可)
  • 次の公表手段に、イベントの写真やガールズサイエンスラボラトリ参加者の学校名等を使用させていただきますことをあらかじめご了承ください。
  1. 主催者等が作成する各種記録集(例:イベント報告書、取り組みをまとめた書籍 等)
  2. 主催者等が作成する各種パンフレットやチラシ(例:イベントを紹介する広報誌・ニュースレター、事業報告 等)
  3. 主催者等が運営する各種ホームページ(例:大学・県が行う進路支援やイベントの紹介、報告のページ 等)

上記についてご同意のうえ、お申し込みください。

 

申込締切日:2016年7月20日(水)※締切延長

お問い合わせ

神奈川大学 高大連携協議会事務局
電話:045-481-5661(代)
E-mail:koudai-science@kanagawa-u.ac.jp

最新の高等学校との連携についてのお知らせ

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ