メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

研究室体験(工学部)

本プログラムでは、研究室の見学、研究内容の紹介、実験体験などを行います。

Girl’s SCIENCE Laboratory Girl’s SCIENCE Laboratory

お申し込みについて

募集人数
各プログラム定員による
申込締切日
2018年6月17日(日)
申込方法
  • 横浜キャンパス:工学部(先着順)
    下記の専用申し込みフォームよりお申し込みください。

2018年度

横浜キャンパス:工学部 プログラム

[1]化学反応を追跡する(ノーベル賞反応を使って光る分子を作ってみよう)
実施日時 2018年7月7日(土)10:00~15:00
参加対象 高校1~3年生
定員 30名
プログラム

私たちの研究室では、主に金属を触媒として使い、有機化合物の構造変換をする方法(有機金属触媒反応)をつくり出す研究と、それらを巧く使って医薬品候補になる分子や有機物を使った太陽電池や半導体になるような分子材料をつくり出す研究をしています。
このイベントでは、ノーベル賞反応である鈴木—宮浦クロスカップリング反応を実験として体験してもらいます。クロスカップリング反応は、異なる2種類の分子が結合する反応です。結合する事によってできてくる(生成する)分子が蛍光発光する(紫外線を当てると可視光を発する)ような分子を実際に作ります。分子を作る事を合成すると言いますが、反応がどれくらい進んだかを視覚的に見る事ができる実験です。解説では,蛍光発光するような分子が実際にどのような製品で使われるのかについて、具体例をあげて説明します。

教員

工学部物質生命化学科 岡本 専太郎 教授 別ウィンドウが開きます(神大の理工系研究室サイト:有機反応デザイン研究室別ウィンドウが開きます

[2]電子回路で音を出そう! ~テルミンの製作~  
実施日時 2018年7月7日(土)13:00~16:00
参加対象 高校3年生
定員 12名
プログラム

電子回路は皆の身の回りに沢山使われています。簡単な回路作製に挑戦して、完成したときの喜びや、遊びを通じて電子回路に親しんでもらおうと思います。電子工作が好きな人、回路を組んだことは無いけど挑戦したい意欲的な学生を募集します。
今回の題材は、「テルミン」です。「テルミン」はロシアの発明家「セルゲーエヴィチ・テルミン」が発明した発振器を用いた世界初の電子楽器です。皆さんが作った「テルミン」がうまく動作すれば、音階も変えられる素敵な小楽器になりますよ。

教員

工学部電気電子情報工学科 島 健 教授 別ウィンドウが開きます(神大の理工系研究室サイト:電子回路工学研究室別ウィンドウが開きます

工学部電気電子情報工学科 斎藤 温 助教 別ウィンドウが開きます(神大の理工系研究室サイト:電子回路工学研究室別ウィンドウが開きます

[3]遺伝子組換えカーネーションに導入されたDNAを調べよう!
実施日時 2018年7月8日(日) 10:00~16:00(1時間の休憩をはさむ)  
参加対象 高校1~3年生
定員 12名
プログラム

母の日のカーネーションと言えば赤色でしょうか。それともピンクでしょうか。これまでなかった青色の花をつける遺伝子組換えカーネーションの複数の品種が開発されています。各々の品種には、パンジー、もしくはペチュニアの青色色素を合成する酵素を作るための遺伝子が導入されています。実験では四種類の品種を使ってみますが、それぞれにはパンジーの遺伝子が導入されているのか、あるいはペチュニアの遺伝子が導入されているのか、どちらなのでしょうか。ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)法と電気泳動の技術を用いて解き明かしてみませんか。
分子生物学、バイオテクノロジーの入門です。楽しく実験を進められたらと思っています。

教員

工学部生物学教室 朝倉 史明 教授 別ウィンドウが開きます(神大の理工系研究室サイト:植物遺伝育種学研究室別ウィンドウが開きます

[4]高分子の『意外な』性質と『きれいな』形
実施日時 2018年7月8日(日) 13:00~16:00
参加対象 高校1~3年生
定員 8名
プログラム

「ソフトマテリアル」とも呼ばれる高分子は、「ハードマテリアル」とも呼ばれる金属などと比べて「ソフト」な物質です。ほとんどの金属では原子が規則的に並んでいますが、高分子では炭素、水素、酸素などの原子が化学結合して鎖やひものような長い分子ができています。このような物質が示す『意外な』性質と『きれいな』形を通じて、少しでも楽しみながら研究室を体験してもらうことがこのプログラムの目的です。

教員

工学部物質生命化学科 池原 飛之 教授 別ウィンドウが開きます(神大の理工系研究室サイト:ソフトマテリアル物性研究室別ウィンドウが開きます

■お申し込みの際の注意点
  1. 参加を希望する本人が、専用の申込フォームを使用してお申し込みください。申し込み多数の場合は協議会事務局による抽選を行います。
  2. 当選後の変更・キャンセルはやむを得ない場合を除き、ご遠慮ください。
  3. 傷害保険については、本学にて加入いたします。
  4. 次の公表手段に、イベントの写真や参加者の学校名等を使用させていただきますことをあらかじめご了承ください。
    ・主催者等が作成する各種記録集(例:イベント報告書、取り組みをまとめた書籍等)
    ・主催者等が作成する各種パンフレットやチラシ(例:イベントを紹介する広報誌・ニュースレター、事業報告等)
    ・主催者等が運営する各種ホームページ(例:大学・県が行う進路支援やイベントの紹介、報告のページ等)

上記について同意のうえ、お申し込みください。

※2018年度お申し込みの受付は終了しました

お問い合わせ先
神奈川大学 学長室 高大連携協議会事務局

〒221-8686 神奈川県横浜市神奈川区六角橋3-27-1

TEL : 045-481-5661 045-481-5661

E-mail: koudai-research@kanagawa-u.ac.jp

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ