神奈川大学 フロンティアクラブイメージ画像

村橋・フロンティア奨学金について

 

写真平成11年度より“ 村橋・フロンティア奨学金 ”が、実施されていますが、この奨学基金は、本学卒業生で名誉博士でもある故村橋三好氏の私財の寄付により設立されたものです。

氏は、父親の死亡によって、中学進学から神奈川大学の前身である横浜専門学校貿易科に入学( 昭和14年 )、卒業に至るまで、叔父新蔵氏から学費の援助をいただきました。氏は、叔父から受けた功徳を、何らかの形で還元したいと平成10年、母校神奈川大学が創立70周年を迎えたのを機に、学業意欲旺盛でありながら経済的に修学が困難な後輩のために、本学に多額の寄付をされました。村橋氏の篤志を尊重し、氏の趣旨に賛同された本学卒業生の有志の団体であるフロンティアクラブの協力を得てこの奨学金が新設されました。
氏の篤行は、学生に本学で学ぶことの誇りと、氏自身が歩まれたように、努力の中から自分の道を切り開いていく希望を与えていただくことになりました。この奨学金には、氏の精神「報恩、感謝、功徳」が生きています。この心を理解し、その精神を引き継いでくださる奨学生を採用していきたいと考えています。

また、奨学生の皆さんには、奨学生として採用されたことを感謝し、誇りに思い、胸を張って学んでいただきたいと願い、母校を愛し、質実剛健・積極進取を建学の精神にかかげる神奈川大学の卒業生として、社会に貢献する人材となられますように期待し、バックアップを行っています。

奨学生からの感謝の言葉はこちら>>

Copyright © Kanagawa University. All Rights Reserved.