ホームトピックス

トピックス

2016年度 第1回神奈川大学FD研修会
「地域連携による体験学習―企業・団体での実習を通して社会課題を学び、実践力を磨く―」開催のお知らせ

2016.10.06

大学設置基準第42条の2の新設(2011年4月1日施行)により、「大学は、当該大学および学部等の教育上の目的に応じ、学生が卒業後自らの資質を向上させ、社会的及び職業的自立を図るために必要な能力を、教育課程の実施及び厚生補導を通じて培うことができるよう、大学内の組織間の有機的な連携を図り、適切な体制を整えるものとする。」ことが規定されました。これら背景により、近年の大学では社会に出てどのような仕事に就いても求められる行動力、思考力、協調性などの必要最低限の能力、すなわち、「社会人基礎力」を育成することを目的に、インターンシップや産学共同授業などの校外授業が広く実施されています。

本FD研修会では、湘南ひらつかキャンパス経営学部にて2014年度入学者から適用されているカリキュラムにおける学生個々人の将来に結びつけたキャリア・ショップシステム並びにゲスト講師を招いた講話及び産学共同地域プロジェクト実習キャリア教育の実践を報告します。本改革により、経営学部生の学修と進路選択において、どのような変化がもたらされているのか、現状と課題について報告します。
また、横浜キャンパスの全学の学生を対象とする各学部関連科目である、人の生命や生存そして環境と生活を持続的に保障するための福祉環境システム論を学際的な視点から学ぶキャリア教育の実践を報告します。この授業「法律学特講A―福祉と環境を考える―」では、学生個々の問題関心が福祉環境システム論の理解に繋がり、学際的な視点で問題を把握する能力を磨き、将来、福祉環境分野や安全安心のシステムや物づくりに係わる社会人として活躍することを期待しています。

日時 2016年11月2日(水)14:30~17:30 ※終了後に情報交換会を予定しています

  • 場所: 横浜キャンパス 3号館305講義室、湘南ひらつかキャンパス11号館サーカムホール(TV中継)
  • 対象: 教育職員、事務職員、学生、他大学FD関係者、高等学校教諭 他
  • 共催:神奈川大学教育支援センター(FD・学生支援推進委員会)、学修進路支援委員会、共通教養教育推進委員会
  • 後援:横浜国立大学 高大接続・全学教育推進センター、関東学院大学 高等教育研究・開発センター
  • プログラム:
    • 第Ⅰ部 実践報告
      【実践報告Ⅰ】「学生から社会人への移行期におけるキャリア支援」
      経営学部国際経営学科 特任准教授 山岡 義卓
      葉山町商工会 事務局長 石井 宏一 氏
      葉山町商工会 経営支援担当職員 菊池 隆美 氏
      経営学部国際経営学科3年次 金 添一 さん、青木 海思 さん

      【実践報告Ⅱ】「学生から社会人への移行期におけるキャリア支援」
      法学部非常勤講師 石川 孝之 小川 泰子

    • 第Ⅱ部 教員×職員×学生によるワークショップ
      「地域連携による体験学習を考える」
      教員×職員×学生の参加者が混在した各6名のグループをつくり、実践報告の感想及び求められる地域連携による体験学習のあり方について協議します。また最後には各グループの発表を行います。
  • イベントポスター・申込書はこちら

◆参加申込方法 【2016年10月28日(金)締切】

  1. FAX
    申込書に必要事項をご記入の上、FAXにてお送りください。FAX:045-481-2769
  2. メール
    タイトルを「FD研修会」とし、必要事項を記載のうえ、kanagawa-fd@kanagawa-u.ac.jp までお送りください。
    必要事項[氏名(フリガナ)/参加を希望されるプログラム(Ⅰ部・Ⅱ部・情報交換会)/所属(大学名等)/連絡先(住所・電話番号・メールアドレス)]

事務局

神奈川大学 教育支援センター
電話:045-481-5661 内線2160
E-mail:kanagawa-fd@kanagawa-u.ac.jp 

 

トピックス一覧へ