ホーム学生支援活動

学生支援活動

概要

「成長支援第一主義」を掲げる本学では、これらの課題に対応するために、学生の学習方法や習慣、自主性や自律性を身につけ、社会的資質の向上を促進させることを目的として、2012年4月教育支援センターに学生支援スペース「KUスクエア」を新たに開設しました。

KUスクエアの様子

KUスクエアは、学修進路支援部、学生生活支援部、国際センター、その他関連窓口で運営し、さらに、学部・学科や健康管理課、学生相談室と連携して、全学的なバックアップを行う場となります。

学生のための総合窓口「KUスクエア」

学生支援スタッフ(職員・学習相談員・学生)がさまざまな相談に応じ、各専門窓口と連携して学生を支援します。
「KUスクエア」は、相談受付をはじめとして横浜・湘南ひらつかの二つのキャンパスを繋ぐテレビ会議システム、プレゼンテーションやグループ学習ができるコーナーや自由に利用できるコーナーを備え、学生生活・学習支援に関するセミナーなども開催します。

KUスクエアへ

学生のための継続的な学習支援

大学での学習を進める上で基礎となる英語、数学、文章表現について教育経験の豊富な学習相談員が基礎・基本から「日常的継続的な学習支援」を行っています。主に高等学校までの学習に不安がある学生を対象としていますが、意欲的、主体的に自分の力を発展させたいという学生にも、状況に応じた助言を行います。

ピア・サポート/ピア・エデュケーション
(学生相互の助け合い/学びあい)

学生有志による上級生の学生スタッフを配置し、仲間づくりや学びあいなどの学生同士の交流の場を提供します。

ピア・サポート/ピア・エデュケーションの様子

学生ボランティア活動の支援

学生ボランティア活動

学生ボランティア活動には、障がい者や高齢者と関わる福祉、青少年との遊びや学習、外国籍の人々との交流や日本語学習支援、環境保全、地域の人々と交流するまちづくりなど、さまざまなものがあります。教育支援センターでは、学生ボランティア活動支援室と連携して学生のボランティア活動の支援及び推進を図っていきます。

ボランティア活動支援室へ

障がいのある学生への教育支援

教育支援センター

教育支援センターでは、障がいのある学生に関する方針と中期目標に基づき、障がいのある学生をサポートする総合窓口として、相談を受付けています。学生相談室及び健康管理課の専門スタッフ並びに各部署と連携し、充実した学生生活を送ることができるよう必要に応じた支援を行います。下記PDFファイルより、障がいの種類に応じた具体的な支援内容を確認できます。

PDF

PDF

障がい学生支援に関する講演会