メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

工学部

工学部オリジナルサイト

学部の特色

実験・実習を通して体感する工学
文系が「ゼミの神大」ならば、理系は「卒研の神大」。多くの実験の中で失敗と成功を繰り返しながら、新たな発見・新たな技術を探究していきます。
全学科一貫した少人数教育で充実指導
1年次から少人数のグループを形成し、演習や実験に挑戦。専門技術を養うと同時に、自ら考え行動する力、コミュニケーション力を身につけます。
モノづくりに必要な技術と人間力を養成
技術力と同時に、自然や社会、人間に対する深い洞察力を養成。確かな技術と広い視野から、モノづくり立国・日本をリードする力を修得していきます。

総合工学プログラム

特色1工学全域を幅広く学べるカリキュラム

1年次は総合工学プログラム独自のカリキュラムで幅広い工学の基礎知識を学修。
その後も全学科で開講しているほとんどの科目を自由に選択し、履修できるのが大きなメリットです。

特色2実験を重視した体験型授業を豊富に用意

1年次では物理学、化学、生物学、情報処理に関する様々な実験・実習を行います。
体験を重視し、基礎からきっちり学修できるため、高校で履修していない科目があっても大丈夫です。

特色31年次から4年次まで英語を徹底学修

科学技術者にとって、情報収集や成果の発表のために英語力は不可欠。そこで4年間を通じて英語を継続的に学び、国際的なコミュニケーション力と英語文書の読解力を身につけます。

特色4異分野の人と連携できるチカラを養成

各学科の境界領域になる研究や、異分野の学科とタッグを組んだ研究にも挑戦します。
様々な人と連携できるコーディネート力を身につけ、社会で活躍するための土台を固めてください。

このページのトップへ

機械工学科

特色1最新設備を駆使した体験的な学びが満載

数値制御工作機械、3次元CAD/CAMシステム、ロボットアームの実験装置、3次元プリンタなど、最新の機械・機器を使った体験学修ができる理想的な教育環境です。実際に手を動かし、自分の目と耳で学べる分、理解度が違います。

特色2機械技術者に必要な知識を段階的に修得

機械工学の根幹である「材料・加工・流体・熱・振動・制御・設計」の知識を、基礎から応用まで段階的に学修。低学年次には「機械解剖」や「Mデザイン」などのユニークな科目も用意しています。

特色3社会に貢献する機械工学のスペシャリストに

これからの時代に求められるのは、「機械技術と人間、社会、環境」との調和に配慮したモノづくり。幅広い教養と機械工学の知識を駆使して、新時代を切り拓くスペシャリストをめざします。

特色4研究室にはユニークな研究が勢揃い

人間生活を支援する人間共存型ロボットの開発から、環境にやさしいエンジン開発、航空宇宙やスポーツの分野で使われる繊維強化プラスチックの研究まで。知的好奇心を刺激する多彩な研究室が待っています。

このページのトップへ

電気電子情報工学科

特色1電気・電子・情報の知識を基礎から学修

私たちが日頃使う電化製品は、どれも電気を動力として動き、“電子回路”と“情報技術”によって成り立っています。このしくみを[数学・物理・電気回路・電気磁気学・情報基礎]といった基礎学問からしっかりと学んでいきます。

特色2実験・演習で工学的センスや直感力を磨く

工学技術を体験的に学べるよう、少人数グループによる学生実験を重視。物理学実験、電子デバイスの製作、プログラミングなどを自分たちの力のみで行うことで、工学的センスや直感力・問題解決力を磨きます。

特色3複数分野を結びつける知識と技術を獲得

「電気電子と情報」「ハードウェアとソフトウェア」など、現在の産業界では技術の融合が求められています。そこで複数分野の知識を結びつける発想力と技術力を養い、新たなモノづくりに挑戦します。

特色4最先端の研究に触れられる12の研究室

コトバを理解する知能ロボットの開発から、未来のエネルギー技術や電気自動車の開発まで、研究室のテーマは多種多様。電気・電子・情報の最先端の研究に参加できます。

このページのトップへ

物質生命化学科

特色1安全性と利便性を考えた、充実した環境

各研究室には特殊ガスの供給設備や局所排気設備など安全性と利便性を考えた設備を完備。
最新の研究装置で新しい技術を学びながら、現代社会で役立つ知識を修得します。

特色2実習・実験で、モノづくりを学ぶ

1~3年次まで教員の指導のもと実験・実習を行い、モノづくりの技術と科学的な考え方を徹底学修。
講義だけではなく、実際に手を動かして体験的に化学を学びます。

特色3めざすのは世の中にない「機能性物質」の創製

人工物質から生命現象まで広く研究し、現代社会に役立つ「機能性物質の開発」をめざします。
「いま社会で求められているのは何か」を考えながら、研究開発に取り組みます。

特色4優れた研究者の指導のもと、研究の道へ

大学院への進学率の高さも、物質生命化学科の教育力の証。
毎年30名前後の卒業生が大学院に進学し、やがて研究者として企業・研究所・大学で活躍しています。

このページのトップへ

情報システム創成学科

特色1システムの基礎から社会のしくみまでを学修

コンピュータを使いこなす知識やプログラミング能力、IT技術を基礎から修得。その過程で、これらの技術を活用したネットビジネスや金融工学、物流情報システムについても学修します。

特色2自ら問題を発見し、解決する力を養成

システム構築の役割は、ユーザーの抱える課題を正しく把握し、相手が必要とするものを考えること。そこで社会の問題を発見・分析する力に加え、それを解決するためのシステムを構想する力を養います。

特色3対話を重視し、新時代のスペシャリストに

グループ学習やプロジェクト達成科目を豊富に設け、多様な学生と対話しながら学べる環境を整えました。これにより問題発見能力やコミュニケーション能力など、社会で必要な力が身につきます。

特色4社会的マインドが培われる教育

数学などの基礎科学に限らず社会や文化などの知識を学べるバランスのよい教育プログラムを展開。
理系の知識に強く、さらに社会的マインドを身につけた新時代の技術者と研究者をめざせます。

このページのトップへ

経営工学科

特色1日本最古の伝統学科が復活

本学経営工学科は高度経済成長期、時代に先駆けて誕生し、日本の産業界に貢献する数多くの技術者を輩出。早稲田大学と並ぶ経営工学科の双璧として、輝かしい歴史を誇ります。

特色24つの能力を持った経営工学のプロを育成

実験・実習を充実させ、経営工学技術者に欠かせない「モノづくりの技術」を養成。さらに現場を効率よく稼働させるための「管理技術能力」や「マネジメント能力」「情報システム能力」の4技能を養います。

特色3語学を駆使して海外で活躍できる人材へ

国際化社会、グローバル化時代を見据え、工業英語に加え工業中国語科目も設置しました。
技術者として海外の現場で活躍できる、実践的なコミュニケーション力が身につけられます。

特色4技術マネジメントも主要な研究テーマ

日本が誇る高度な技術製品の中には、優れた機能を有しながらも世界市場での地位を確立できないものがあります。こうした技術をどう普及させるかという技術マネジメントの能力も修得します。

このページのトップへ

建築学科

特色1基礎をおさえながら深く学べる3コース制

興味に合わせて効率よく学べるよう「建築環境」「建築構造」「建築デザイン」の3コース制を採用しています。コースの垣根を超えた科目履修も可能で、基礎を土台に自らの専門分野を伸ばせます。

特色2キャリアの土台となるスキルを基礎から修得

設計製図課題に始まり、数々の演習や実験、卒業研究を経て、「人間・空間・環境」の理想的な関係を創造する建築を学んでいきます。ここで得たスキルは将来どの分野に進んでも確かな土台となります。

特色3先進の実験装置が、日々の研究をサポート

振動実験室から音響実験室、仮想現実立体ドーム、風洞実験装置まで。日本有数の大型構造実験装置を学内に整備しました。これらの施設を自由に活用し、精度の高い研究に臨めます。

特色4JABEE認定のカリキュラムで実力を磨く

本学科のカリキュラムがJABEE(日本技術者教育認定機構)に認定され、社会の要求水準を満たしていることが証明されています。確かな学びの場でエキスパートとしての真の実力が養えます。

このページのトップへ

工学部オリジナルサイトで詳しい情報を見る!
工学部オリジナルサイト

工学部に関する詳しい情報は、各学科のオリジナルサイトでもご案内しています。

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ