メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

横浜市内大学間単位互換制度

横浜市内大学間単位互換制度とは

横浜市内大学間単位互換制度とは、横浜市内にキャンパスを持つ12大学が協定を結び、各大学において提供する科目を履修することによって、所属大学の単位として認定するという制度です。
この制度においては、各参加大学から、人文科学(哲学・歴史・芸術等)、社会科学(法律・政治・経済等)、自然科学(物理・化学・医学・工学等)のほぼ全分野にわたる科目が提供されています。
自分の専攻をさらに深めることや、あるいは自分の大学にない分野の科目を学ぶことなどが可能となりますので、学生の皆さんの幅広い関心と興味に応じた履修の機会が大幅に拡がることになります。
今年度は、横浜市内の12大学が単位互換制度に参加します。これらの大学に在学する学生は、所属大学の定める範囲内で他大学の単位互換科目を履修することができます。

このページのトップへ

出願手続きについて

出願資格(第一部のみ)

1年次生・・・後期科目のみ申請可。(※前期・通年科目の出願不可)
2年次生・・・2年次開始時において、30単位以上修得していること。
3年次生・・・3年次開始時において、60単位以上修得していること。
4年次生・・・出願基準を定めない。

出願時期

出願期間は年に2回設けており、前期・通年科目については4月初旬、後期科目については6月中旬の予定です。出願について詳細はWeBSt@tionにてお知らせします。

定期試験

本学と他大学の定期試験の日程が重なった場合、原則として他大学の試験を優先してください。受験後、他大学から「定期試験受験証明書」を発行してもらい、本学では所定の手続きをとって追試験を受験してください。

単位認定

この制度を利用して修得できる単位数と、認定科目群と卒業要件単位への参入可能単位数も学部学科ごとに決められています。詳細はこちらのPDF PDF(241KB) でご確認ください。

注意事項

  • 原則として、出願後の履修取り消しは出来ません。
  • 本学の授業と他大学の授業を同じ日に履修する場合は、キャンパス間の移動時間を考慮に入れて時間割を組むように注意してください。卒業年次生や進級年次生は、万が一、参加大学間での単位認定が遅れる等の事態が発生しても、卒業・進級要件単位に支障が出ないように十分注意して出願してください。
お問い合わせ
横浜キャンパス 教務課

TEL : 045-481-5661(代)045-481-5661(代)

E-mail:yokohama-gssk@kanagawa-u.ac.jp

湘南ひらつかキャンパス 平塚教務課

TEL : 0463-59-4111(代)0463-59-4111(代)

E-mail:kushc-kyoumu@kanagawa-u.ac.jp

このページのトップへ

単位互換履修生の取扱い

受講が許可された学生は、受入れ大学における「単位互換履修生」(国立大学においては「特別聴講学生」)となります。

  1. 単位互換履修生には、「履修許可通知」と「単位互換履修生証」(身分証明証)を交付します。
  2. 履修期間中は、履修許可を受けた科目を受講することができ、受入れ大学の定める範囲内において、図書館など受入れ大学の施設を利用することができます。
  3. 休講等の情報は、所属大学の掲示のほか、受入れ大学のホームページ等で確認することができます。

このページのトップへ

協定校のご案内

大学 学部
神奈川大学 法学部、経済学部、経営学部、外国語学部、人間科学部、理学部、工学部
関東学院大学別ウインドウで開きます

経済学部、経営学部、法学部、理工学部、建築・環境学部、人間環境学部、人間共生学部、栄養学部、教育学部、看護学部、国際文化学部、社会学部

國學院大學別ウインドウで開きます 文学部、法学部、経済学部、神道文化学部、人間開発学部
鶴見大学別ウインドウで開きます 文学部
桐蔭横浜大学別ウインドウで開きます 法学部、医用工学部、スポーツ健康政策学部
東京都市大学別ウインドウで開きます 環境学部、メディア情報学部
東洋英和女学院大学別ウインドウで開きます 人間科学部、国際社会学部
フェリス女学院大学別ウインドウで開きます 文学部、国際交流学部、音楽学部
明治学院大学別ウインドウで開きます 法学部、社会学部、国際学部
横浜国立大学別ウインドウで開きます 教育学部(教育人間科学部)、経済学部、経営学部、理工学部、都市科学部
横浜商科大学別ウインドウで開きます 商学部
横浜市立大学別ウインドウで開きます 国際総合科学部、医学部

このページのトップへ

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ