ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置

教育の方針と課程 神奈川大学の教育研究上の目的と基本方針、教育課程と学修に関する情報を公表しています。

歴史民俗資料学研究科

歴史民俗資料学専攻

博士前期課程

教育研究上の目的

本研究科の博士前期課程は、歴史民俗資料学について、広い視野に立つ専門性豊かな調査・研究能力を身に付け、その能力、知識及び技能を教育・研究をはじめ様々な領域で発揮できる人材の育成を目的とする。

教育目標

本学の教育目標及び本研究科の教育研究上の目的等を踏まえ、歴史民俗資料学研究科歴史民俗資料学専攻前期課程では、日本列島の歴史と文化に関して、歴史資料学、民俗資料学、非文字資料学の3つの分野を柱とした体系的な教育課程に基づき、新たな研究領域を開拓する総合的な資料学に関する専門教育を展開することによって、広い視野に立つ専門性豊かな能力を発揮できる人材を育成することを教育の究極的な目標としています。
日本社会を究明するには、歴史学及び民俗学の学問分野からのアプローチは不可欠であり、その研究の基礎として必ず資料が存在します。その資料を適切に扱い活用する学問として、本研究科は資料学という新しい学問領域を開拓しています。学生に対する教育と研究は、本研究科の設立基礎となっている神奈川大学日本常民文化研究所及びその附置施設となっている非文字資料研究センターと密接に連携して行ない、資料の調査収集、修復保存、分析方法をなどに関する実践的な知識と技法を学修し、地域社会の文化活動や地域文化の保存・育成にあたる幅広い知識と能力を身につけた高度専門職業人を養成することを教育目標として定めます。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本専攻博士前期課程のカリキュラムにおいて所定の単位を修得し、提出した修士論文が専攻内規に則って審査され合格と判定された者は、本研究科博士前期課程修了に値する以下の能力を身につけていると判断され、修士(歴史民俗資料学)の学位が授与されます。

  1. 1.自立した良識ある市民としての判断力と実践力
    • (1)歴史民俗資料学に基軸を置いた知的な学識を修得する能力を有している。
    • (2)調査・研究に伴う資料の調査・収集、修復・保存などに関する実践的な知識と技法を習得し、地域社会の文化活動や地域文化の保存・育成にあたる幅広い知識と能力を身につけ、社会に貢献できる素養を備えている。
  2. 2.国際的感性とコミュニケーション能力
  3. 3.時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能
    • (1)歴史資料・民俗資料・非文字資料を適切に扱いうる技法を身につけ、その資料を分析して日本社会の特質を究明する調査・研究能力を修得している。
    • (2)歴史資料・民俗資料・非文字資料の総合的な資料学の分析を基礎とした専門的な知識を身につけ、高度専門職業人としての必要不可欠な能力を修得している。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本専攻博士前期課程では、日本列島の歴史と文化に関して、新たな領域を開拓する資料学の手法を学修することを目的としており、以下のようなカリキュラム・ポリシーを設定しています。

  1. 1.教育課程の編成・実施
    • (1)歴史資料学、民俗資料学、非文字資料学の3つの分野を柱とし、文字資料や非文字資料といった多様な資料形態に対応した総合的な資料学を学修できる。
    • (2)高度専門職業人の養成に対応して、博物館学関連の科目群とともに、歴史民俗資料学に関連する多様な科目が設けられている。
    • (3)社会人や留学生など学生の種々な状況に対応するため、学修において昼夜開講制・セメスター制をとり、さらに秋季入学制度・長期履修制度を設けている。
  2. 2.教育の方法と評価
    • (1)実技実習と調査実習を重視することで、歴史民俗資料を扱う技能や調査方法を実践的に習得できるようにしています。
    • (2)教育・研究は本学付設の神奈川大学日本常民文化研究所や非文字資料研究センターと密接に連携して行われており、学生は研究所やセンターが主催する研究会や調査に参加する機会を有し、また研究所の所蔵資料を利用することができるようになっている。
    • (3)上記研究所等における中国・韓国・カナダ・ドイツ・フランスなど海外提携大学への短期留学の機会を有し、国際的な視野に立った歴史民俗資料学の学修ができるようになっている。
    • (4)論文演習の授業科目を設け、集団指導のもと高度な専門知識と学際性を持った論文作成能力を養えるようにしている。
    • (5)修士論文の作成過程において、2回の中間報告会を設定し、適時、進捗状況の把握をはかる。
    • (6)修士論文の審査には、2名の教員があたり、口頭試問を実施する。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

本専攻博士前期課程では、以下のような学力や意欲を有する人を受け入れます。

  1. 1.大学院教育によって養う能力
    • (1)歴史民俗資料の調査・収集、修復・保存などに関する実践的な知識と技法を養う。
    • (2)教育職員専修免許(中学校社会・高等学校地理歴史)を取得し、あるいは学芸員としての専門性を高めることで、歴史民俗資料学に関連する高度な専門職に就けるようにする。
  2. 2.本専攻の求める入学者像
    • (1)日本列島の歴史と文化に関して、新たな領域を開拓する意欲を持っている人
    • (2)日本および東アジアの歴史と文化に関心を持ち、歴史民俗資料学の手法をもって現実社会の諸問題に対応できる能力を高め、技法を修得したい人
    • (3)歴史民俗資料に関して、高度で知的な学識の修得を目指す人
  3. 3.大学までの能力に対する評価(選抜方法)
    • (1)歴史学、民俗学等、歴史民俗資料学を学修するうえで必要となる専門分野の基礎学力や能力を備えているか判断する。
    • (2)留学生に対しては指定校推薦を行っている。
    • (3)指導教員が推薦したものについては筆記試験を免除する特別選考を行っている。

博士後期課程

教育研究上の目的

本研究科の博士後期課程は、広い視野に立つ専門性豊かな調査・研究能力、知識及び技能をさらに向上させ、創造性豊かな教育・研究活動を行うことのできる研究者の育成を目的とする。

教育目標

本学の教育目標及び本研究科の教育研究上の目的等を踏まえ、歴史民俗資料学研究科歴史民俗資料学専攻後期課程では、日本列島の歴史と文化に関して、歴史資料学、民俗資料学、非文字資料学の3つの分野を柱とした、歴史民俗資料学に関する高度な専門教育を展開して、日本文化を世界に発信し国際的に活躍する研究者の育成を教育の究極的な目標としています。
日本社会を究明するには、歴史学及び民俗学の学問分野からのアプローチは不可欠であり、その研究の基礎として必ず資料が存在します。その資料を適切に扱い活用する学問として、本研究科は資料学という新しい学問領域を開拓しています。学生に対する教育と研究は、本研究科の設立基礎となっている神奈川大学日本常民文化研究所及びその附置施設となっている非文字資料研究センターと密接に連携して行ない、資料学に関するより高度な専門教育を学修し、専門的な調査・研究能力及び学際性をもった論文作成能力とプレゼンテーション能力を涵養し、歴史民俗資料学の新たな領域を開拓する研究者を養成することを教育目標として定めます。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本専攻博士後期課程のカリキュラムにおいて所定の単位を修得し、提出した博士論文が専攻内規に則って審査され合格と判定された者は、本研究科博士後期課程修了に値する以下の能力を身につけていると判断され、博士(歴史民俗資料学または学術)の学位が授与されます。

  1. 1.自立した良識ある市民としての判断力と実践力
    • (1)歴史民俗資料学に関する専門的知識と技能をもって、現代社会に貢献しうる能力を身につけている。
    • (2)21世紀COEプログラムの研究成果をうけ、非文字資料学に関する専門性の高い調査・研究を行い、歴史民俗資料学の新たな領域を開拓する研究者としての能力を備えている。
  2. 2.国際的感性とコミュニケーション能力
    • (1)歴史民俗資料学の研究分野において、国際的に通用する高度の専門的な調査・研究能力を修得している。
    • (2)歴史民俗資料学の研究成果を、論文等で国際的に発信しうる能力を身につけている。
  3. 3.時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能
    • (1)歴史資料・民俗資料・非文字資料を適切に扱いうる技法をさらに深め、その資料を分析して日本社会の特質を解明する専門的な調査・研究を行い、大学・研究機関などの教育・研究活動に携わる能力を有している。
    • (2)歴史民俗資料学に依拠した高度で知的な学識を修得し、その専門的な研究を社会へ還元できる能力を備えている。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本専攻博士後期課程では、日本列島の歴史と文化に関して、新たな領域を開拓する資料学の手法を学修することを目的としており、以下のようなカリキュラム・ポリシーを設定しています。

  1. 1.教育課程の編成・実施
    • (1)歴史資料学、民俗資料学、非文字資料学の3つの分野を柱とした、歴史民俗資料学に関する高度な専門教育を受けることができる。このうち非文字資料学は21世紀COEプログラムの研究成果をもとに学問の新領域を開拓するもので、より高度な資料学を学修することができる。
    • (2)社会人や留学生など学生の種々な状況に対応するため、学修において昼夜開講制・セメスター制をとり、さらに秋季入学制度を設けている。
  2. 2.教育の方法と評価
    • (1)教育・研究は本学付設の神奈川大学日本常民文化研究所や非文字資料研究センターと密接に連携して行われており、学生は研究所やセンターが主催する研究会や調査に参加する機会を有し、また研究所の所蔵資料を利用することができるようになっている。
    • (2)上記研究所等における中国・韓国・カナダ・ドイツ・フランスなど海外提携大学への短期留学の機会を有し、日本の歴史と文化を世界に発信し国際的に活躍できる研究者を養成することができるようになっている。
    • (3)上記研究所等が行う共同研究の研究協力者やTA(ティーチング・アシスタント)などに就くことで、教育・研究指導者としての経験を積むことができる。
    • (4)学位論文作成指導の強化を図るため論文演習の授業科目を設けることで、プレゼンテーション能力を高め、より高度な専門知識と学際性を持った論文作成能力を養えるようにしている。
    • (5)学位論文の作成過程において、中間報告会を設定することで進捗状況の把握をはかるとともに、予備審査論文の提出を求め、2名の教員が事前審査をおこなうこととする。
    • (6)学位論文の審査は、3名の学内教員および必要に応じて学外の専門家を加えておこなうこととし、口頭試問を実施する。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

  1. 1.大学院教育によって養う能力
    • (1)歴史民俗資料学に関して、高度な専門性を持った調査・研究能力を養う。
    • (2)既存の学問体系を超えて、歴史民俗資料学という新たな研究領域を開拓できるようにする。
  2. 2.本専攻の求める入学者像
    • (1)歴史民俗資料に関して、より高度で知的な学識の修得を目指す人
    • (2)日本列島の歴史と文化に関して、新たな領域を開拓する意欲を持っている人
    • (3)研究者となり、歴史民俗資料学を中心とした教育・研究活動や文化活動により、社会に貢献したい人
  3. 3.博士前期課程までの能力に対する評価(選抜方法)
    • (1)歴史学、民俗学等、歴史民俗資料学を学修するうえで必要となる専門分野の学力や能力を備えているか判断する。
    • (2)留学生に対しては指定校推薦を行っている。