ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置

教育の方針と課程 神奈川大学の教育研究上の目的と基本方針、教育課程と学修に関する情報を公表しています。

工学研究科

博士前期課程

教育研究上の目的

本研究科の博士前期課程は、科学技術の未来を支えるに足る工学の基礎と実践的な教育のもとに、優れた研究・開発能力を持つ研究者又は高度な専門的知識・能力・技術を持つ高度専門職業人の育成を目的とする。

教育目標

本学の教育目標及び本研究科の教育研究上の目的等を踏まえ、工学研究科博士前期課程では、科学技術の未来を支える優れた能力を持つ技術者・研究者の育成を、教育目標として定めます。
わが国は現在、産業構造の変革、エネルギー・環境問題への対応等、従来の教育・研究だけでは解決できない諸問題に直面しています。このような問題の解決には、自立性と創造性をもち、かつ基礎理論と基礎専門技術を修得した技術者・基礎的高度研究者が必要とされます。
本課程では、安心・安全で持続可能な社会と科学技術創造立国の基盤を支える人材を育てることを目指して、学部教育の基礎の元に専門基礎知識の修得を通して、自分の考えを表現するためのプレゼンテーション能力の涵養をも含め、知識基盤社会で活躍できる基礎専門能力を身につけさせることを教育目標として定めます。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本研究科博士前期課程では、各専攻におけるカリキュラムにおいて所定の単位を修得し、提出した修士論文が審査のうえ合格と判定された者は、以下に掲げる能力を身につけていると判断され、修士(工学)の学位が授与されます。

  1. 1.自立した良識ある市民としての判断力と実践力
    • (1)安心・安全で持続可能な社会を支える技術の創造力を身につけている。
    • (2)協調性と高い倫理性をもって、他者と協力して研究開発を遂行する能力を身につけている。
  2. 2.国際的感性とコミュニケーション能力
    • (1)外国語で討論できる外国語コミュニケーション能力を身につけている。
    • (2)研究成果を発表し、論文としてまとめる記述力を身につけている。
  3. 3.時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能
    • (1)専門分野における知識を体系的に身につけ、それを実践的に応用する能力を身につけている。
    • (2)専門分野における諸課題を見つけ出し、解決策を自ら見出す能力を身につけている。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本研究科博士前期課程では、十分な専門基礎知識と高度な専門知識を兼ね備え、急速に技術革新が進行している状況に柔軟に適応しうる実践的な技術者を育成するために、以下に示した方針でカリキュラム・ポリシーを設定しています。

  1. 1.教育課程の編成・実施
    • (1)専門に関する高度な知識、及び専門以外の関連分野に関する幅広い知識を身につけることができるように講義科目を編成しています。
    • (2)社会的学術的観点から重要な研究課題に取り組み、修士論文を作成します。
  2. 2.教育の方法と評価
    • (1)教員の指導の下に、研究課題に取り組むことで課題解決能力を涵養し、技術開発能力を育成します。
    • (2)国内外の学会発表や中間審査を通し、論文記述能力ならびにプレゼンテーション能力育成のための指導を行います。
    • (3)TA(ティーチング・アシスタント)に就くことで、教育能力を高める経験を積む機会を用意しています。
    • (4)成績評価および修士論文基準を明確化し、公表しています。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

  1. 1.大学院教育によって培う能力
    • (1)専門に関する高度な知識、及び専門以外の関連分野に関する幅広い知識
    • (2)社会的学術的観点から重要な研究課題を解決する能力
  2. 2.本研究科の求める入学者
    • (1)各専攻分野における基礎学力を有する人
    • (2)専門分野をより深く修得し、人類社会にとって有用な技術開発を行うことに熱意と意欲を有する人
  3. 3.大学までの能力に対する評価(選抜方法)
    本研究科では、以下の4種類の入学試験を実施しています。
    • (1)一般入試は年2回実施され、大学卒業程度の学力を基礎および専門科目、語学(英語)、専修志望科目に関する口頭試問により評価します。
    • (2)外国人留学生入試は年2回実施され、外国人であって修士の学位取得を目的として入学を希望する者を対象とし、大学卒業程度の学力を基礎および専門科目、語学(日本語)、本研究科が行う講義・演習科目を理解する能力について口頭試問により評価します。
    • (3)特別選考入試は年2回実施され、大学卒業見込みの者および出願時に卒業後3年以内の者に対して大学での学業成績と口頭試問により評価します。
    • (4)社会人特別入試は年2回実施され、経歴に関連した専門科目および語学(英語)、口頭試問により評価します。

博士後期課程

教育研究上の目的

本研究科の博士後期課程は、現代社会の新たな要請に応えることを目指した基礎的かつ創造的な研究指導のもとに、科学技術について、創造性豊かな優れた研究・開発能力を持つ研究者・技術者の育成を目的とする。

教育目標

本学の教育目標及び本研究科の教育研究上の目的等を踏まえ、工学研究科博士後期課程では、科学技術の未来を支える優れた能力を持つ高度専門技術者・高度専門研究者の育成を、教育目標として定めます。
現在わが国の直面しているエネルギー・環境等の高度に専門的な問題の解決においては、従来の大学院教育・研究だけでは解決できません。そこで、博士前期課程で習得した基礎専門理論と基礎専門技術をさらに発展させた高度専門知識及び実践的な高度専門理論を修得させることが必要とされています。特に、実践力の向上については、国内だけでなく国際的な学会・研究会、あるいはコンペティションにおいて、先端的研究発表会を行う能力が必要とされます。
本課程では、安心・安全で持続可能な社会と科学技術創造立国の基盤を支える人材を育てることを目指して、人間社会と地球環境をとりまく複雑な諸問題を総合的に見通す広い視野と、深い洞察力をもって、自らの知的資産を最大限に活用しうる能力の涵養を通して、知識社会で活躍できる高度専門能力を身につけさせることを教育目標として定めます。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本研究科博士後期課程では、各専攻におけるカリキュラムにおいて所定の単位を修得し、提出した博士論文が審査のうえ合格と判定された者は、以下に掲げる能力を身につけていると判断され、博士(工学)の学位が授与されます。

  1. 1.自立した良識ある市民としての判断力と実践力
    • (1)専門分野における学術的知識を体系的に深く理解し、それを教授する能力を身につけている。
    • (2)協調性と高い倫理性をもって研究開発のリーダーとして、研究開発を主導する能力を身につけている。
  2. 2.国際的感性とコミュニケーション能力
    • (1)研究開発の成果を国際会議等で発表し、他の研究者との討議する能力を身につけている。
    • (2)研究成果を学術論文にまとめる能力を身につけている。
  3. 3.時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能を身につけている。
    • (1)専門分野における社会的学術的視点から重要とされる課題を見出し、解決策を考え、さらに展開させる能力を身につけている。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本研究科博士後期課程では、高度な学術的知識を体系的に深く理解し、人類社会の諸問題の解決に向け、未来を開拓する先端的研究開発に従事する技術者ならびに研究者を育成するために、以下に示した方針でカリキュラム・ポリシーを設定しています。

  1. 1.教育課程の編成・実施
    • (1)専門に関する最先端の高度な知識を身につけることができるように講義科目を編成しています。
    • (2)社会的学術的観点から高度な研究課題に取り組み、博士論文を作成します。
  2. 2.教育の方法と評価
    • (1)教員の指導の下に、学部学生や博士前期課程学生を率いて高度な研究課題を解決する能力やグループを統率する能力を涵養し、専門的な研究開発能力を育成します。
    • (2)国際学会における研究発表を通し、国際的コミュニケーション能力を育成します。
    • (3)TA(ティーチング・アシスタント)に就くことで、教育者として教育能力を高める経験を積む機会を用意しています。
    • (4)成績評価および博士論文基準を明確化し、公表しています。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

  1. 1.大学院教育によって培う能力
    • (1)専門に関する最先端の高度な知識
    • (2)研究グループを統率し、専門的な研究開発を遂行する能力
    • (3)国際的コミュニケーション能力
  2. 2.本研究科の求める入学者
    • (1)各専攻分野における高度な学力を有する人
    • (2)国際的に活躍する意欲を有する人
  3. 3.博士前期課程までの能力に対する評価(選抜方法)
    本研究科では、以下の3種類の入学試験を実施しています。
    • (1)一般入試:語学(英語)ならびに、修士論文、専修科目についての口頭試問により評価します。
    • (2)社会人特別入試:提出書類を中心に関連した専門科目および語学(英語)について口頭試問により評価します。
    • (3)外国人留学生入試:外国人であって博士の学位取得を目的として入学を希望する者を対象とし、語学(日本語または英語)ならびに、修士論文、専修科目についての口頭試問により評価します。

機械工学専攻

博士前期課程

教育研究上の目的

機械工学専攻の博士前期課程は、機械工学の未来を支えるのに十分な工学の基礎的かつ実践的な教育や研究活動のもとに、優れた研究・開発能力を持つ研究者または高度な専門的知識・能力・技術を持つ高度専門職業人の育成を目的とする。

教育目標

本学の教育目標及び本専攻の教育研究上の目的等を踏まえ、工学研究科機械工学専攻博士前期課程では、機械工学の未来を支える研究者や高度専門職業人を育成することを、教育の最終目標としています。
人工物創成に関わる基盤学問である機械工学の専門分野においては、ものづくり技術は高度化し、しかも生産活動のグローバル化は益々進展する状況にあります。また、最近では、各分野において持続可能な社会実現に向けた諸活動が強く求められています。機械工学分野の研究者や技術者には、当然のことながら、従来からの機械工学に関する基礎的知識や設計・解析能力、ならびに広い視野から状況を分析判断し最適解を導出する広い教養と判断力も要求されます。また、将来直面する諸問題に対応できる応用力も必要になります。
本課程では、1)講義による学修を通した基礎学力の涵養、(2)演習科目による実践的研究課題への取り組みから、設計・解析に係る応用力の涵養、(3)研究成果を国内外の学会で発表し討論が行えるコミュニケーション能力の涵養、さらに(4)グローバル社会において、各国各人の立場を尊重理解したうえ、協調性と高い倫理観を備え、他者と協力しながら活動できる能力を涵養することを教育目標として定めます。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本専攻博士前期課程のカリキュラムにおいて所定の単位を修得し、提出した修士論文が合格と判定された者は、さらに以下のような能力を備えていると判断され、修士(工学)の学位が授与されます。

  1. 1.自立した良識ある市民としての判断力と実践力
    • (1)専門分野における諸課題を自ら見つけ出し、良識に基づいた判断力を有している。
    • (2)課題に対して、良識ある市民として高い倫理性をもって実践する力を有している。
  2. 2.国際的感性とコミュニケーション能力
    • (1)機械工学に関する英文読解または英語による発表を通した、国際的感性を備えている。
    • (2)研究成果を発表し、他者と議論し、論文としてまとめる記述力、表現力、コミュニケーション能力を有している。
  3. 3.時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能
    • (1)機械工学に関する,最先端の課題に合致した専門的知識を有している。
    • (2)最先端の知識を運用することが可能な技能を有している。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本専攻博士前期課程では、優れた研究・開発能力を持つ研究者又は高度な専門的知識・能力・技術を持つ高度専門職業人を育成するため、以下に示す方針でカリキュラム・ポリシーを設定しています。

  1. 1.教育課程の編成・実施
    • (1)機械工学の専門分野において、身につけておくべき内容を厳選した上で選択必修科目として、これらすべてを1年前期に履修させます。
    • (2)修士論文における中間審査や最終審査を通した集団指導を行います。
  2. 2.教育の方法と評価
    • (1)選択必修科目は、主に講義形式で行い、標準的な問題による試験により成績評価を行います。
    • (2)修士論文は、通常は1名の指導教員により指導を行いますが、中間審査及び最終審査では3名以上の教員により指導を行い、その評価を3名の審査員が行います。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

  1. 1.大学院教育によって培う能力 本専攻博士前期課程では、以下の能力を備えた人材を育成します。
    • (1)機械工学に関する高い基礎的能力を備えた人
    • (2)高い協調性と倫理性を有し、優れた研究・開発能力を有する人
    • (3)研究開発成果を論文等としてまとめ,発表する能力を備えた人
  2. 2.本専攻の求める入学者 本専攻博士前期課程では、以下のような学力や意欲を有する人を受け入れます。
    • (1)「モノを作ってそれを動かす」という機械工学における専門分野及びその周辺領域の基礎学力や能力を備えた人
    • (2)協調性と高い倫理性をもって、広く社会に貢献しようとする強い意欲と可能性を有する人
    • (3)豊かな発想力を持つとともに、学習・研究活動に対して、強い意欲を持つ人
  3. 3.大学までの能力に対する評価(選抜方法)
    • (1)基礎学力及び専門学力修得度は、筆記試験と口述試験を通じて判断します。
    • (2)基礎及び専門学力の筆記試験は、数学、工業力学、材料力学、熱力学、流体力学、機械力学、機械材料学、制御工学の中から3科目を選択し評価します。
    • (3)語学力は、筆記試験を通じて判断します。
    • (4)口述試験は、本人の専修しようとする科目を中心に行います。
    • (5)一定の条件を満たした場合は、筆記試験を免除します。

博士後期課程

教育研究上の目的

機械工学専攻の博士後期課程は、現代社会の新たな要請に応えることを目指した基礎的かつ創造的な研究活動のもとに、機械工学について、創造性豊かな優れた研究・開発能力を持つ研究者・技術者の育成を目的とする。

教育目標

本学の教育目標及び本専攻の教育研究上の目的等を踏まえ、工学研究科機械工学専攻博士後期課程では、機械工学について創造性豊かで優れた研究・開発能力を持つ研究者・技術者を育成することを、教育の最終目標としています。
人工物創成に関わる基盤学問である機械工学の専門分野においては、ものづくり技術は高度化し、しかも生産活動のグローバル化は益々進展する状況にあります。また、最近では、各分野において持続可能な社会実現に向けた諸活動が強く求められています。機械工学分野の研究者や技術者には、当然のことながら、従来からの機械工学を基礎にした、総合的な設計・解析能力、ならびに広い視野から状況を分析判断し最適解を導出する広い教養と判断力が要求されます。
本課程では、最先端の研究課題へのアプローチを通して、総合的な問題解決ならびに問題発見能力の涵養、さらには、研究チームを主導しグループリーダーとしての研究遂行を通して、リーダーに求められる統率力を涵養することを教育目標として定めます。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本専攻博士後期課程のカリキュラムにおいて所定の単位を修得し、提出した博士論文が合格と判定された者は、機械工学の発展的知識や技術者としての高い倫理観、英語を含めたコミュニケーション能力に加え、さらに以下のような能力を備えていると判断され、博士(工学)の学位が授与されます。

  1. 1.自立した良識ある市民としての判断力と実践力
    • (1)専門分野における諸課題を自ら見つけ出し、研究チームを主導しグループリーダーとしての研究遂行を通して良識に基づいた判断力を有している。
    • (2)課題に対して、良識ある市民として高い倫理性をもってリーダーシップを発揮し実践する力を有している。
  2. 2.国際的感性とコミュニケーション能力
    • (1)論文作成における英文文献の引用、及び研究成果の国際会議での発表を通じた国際的感性を備えている。
    • (2)研究を通じて他者と議論し、学術論文としてまとめる記述力、表現力、及びコミュニケーション能力を有している。
  3. 3.時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能
    • (1)機械工学に関する、現代の最先端の課題に合致した優れた専門的知識を有している。
    • (2)最先端の知識を応用・運用することの可能な技能を有している。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本専攻博士後期課程では、機械工学について、創造性豊かな優れた研究・開発能力を持つ研究者・技術者を育成するため、以下に示す方針でカリキュラム・ポリシーを設定しています。

  1. 1.教育課程の編成・実施
    • (1)教育課程は、講義科目・演習科目で編成され、演習を担当する教授が研究全般の指導をします。
    • (2)所定の単位を修得し、必要な研究指導を受けかつ外国語の学力に関する認定に合格した場合、博士論文の審査をします。
  2. 2.教育の方法と評価
    • (1)機械工学の高度な講義科目を用意し、最先端の学術的知識を教授します。
    • (2)TA(ティーチング・アシスタント)に就くことで、教育者として教育能力を高める経験を積む機会を用意しています。
    • (3)教員の指導の下に、専門分野における諸課題を見つけ出し、それを解決する方法を発見し、他者と協力して、協調性と高い倫理性をもって研究開発を遂行する能力を育成し、評価します。
    • (4)研究成果を国際会議等で発表し、他者と議論し、論文としてまとめる記述力、表現力、コミュニケーション能力を育成し、評価します。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

  1. 1.大学院教育によって培う能力
    本専攻博士後期課程では、以下の能力を備えた人材を育成します。
    • (1)機械工学に関する卓越した基礎能力を備えた人
    • (2)高い協調性と倫理性を有し、卓越した研究・開発能力を有する人
    • (3)研究開発成果を英文論文等としてまとめ、発表する能力を備えた人
  2. 2.本専攻の求める入学者
    本専攻博士後期課程では、以下のような学力や意欲を有する人を受け入れます。
    • (1)「モノを作ってそれを動かす」という機械工学における専門分野及びその周辺領域の高い基礎学力や専門能力を備えた人
    • (2)協調性と高い倫理性をもって、広く社会に貢献しようとする強い意欲と可能性を有する人
    • (3)豊かな発想力を持つとともに、学習・研究活動に対して、強い意欲を持つ人
  3. 3.博士前期課程までの能力に対する評価(選抜方法)
    • (1)修士論文及び専門科目について、口述試験で評価します。
    • (2)語学力は、筆記試験または口述試験を通じて評価します。

このページのトップへ

電気電子情報工学専攻

博士前期課程

教育研究上の目的

電気電子情報工学専攻の博士前期課程は、本学及び本学工学研究科の教育研究上の目的の下に、現代社会の持続的発展を支える電気工学、電子工学、通信工学、情報工学及びこれらの融合領域について、専門的知識を体系的に身に付け、人類社会の要請に主体的、実践的に対応できる技術開発の担い手の育成を目的とする。

教育目標

本学の教育目標及び本専攻の教育研究上の目的等を踏まえ、工学研究科電気電子情報工学専攻博士前期課程では、電気・電子・通信・情報工学分野の技術開発の担い手を育成することを教育の最終の目標としています。
21世紀の高度情報社会では、従来の専門分野にとらわれず、文理工が融合しているため、その関連分野の幅広い知識を体系的に身につけ、それを実際に応用する能力、各自が専門とする分野において社会的観点及び学術的観点から重要とされる課題を解決するための方法の開発に、自発的に取り組む能力、技術開発グループの構成員として主体的かつ協調的に行動し、技術開発の推進に貢献する能力を養成します。また院生自身が自らの研究開発の成果を国内外で発表し、報告や論文としてまとめる能力を涵養します。これからの絶え間なく進展する社会の複雑化、情報化、グローバル化に対応するために、学生が幅広い基礎的能力や俯瞰的なものの見方を修得した上で専門分野を選択し、それぞれの研究指導へと有機的につながるよう、専門分野に共通するコア科目をコースワークとして配置することにより、幅広い教育と積極的な異分野融合による技術開発の担い手を育成することを教育目標として定めます。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本専攻博士前期課程のカリキュラムにおいて所定の単位を修得し、提出した修士論文が専攻内規に則って審査され合格と判定された者は、本専攻下位学科のディプロマ・ポリシーに掲げた能力、すなわちその対象とする専門分野についての幅広い基礎知識と専門知識を活かして人類社会の要請に主体的かつ実践的に対応できる能力に加え、さらに以下に列挙した能力を身につけていると判断され、修士(工学)の学位が授与されます。

  1. 1.自立した良識ある市民としての判断力と実践力
    • (1)社会の動きに絶えず関心をもち、専門分野において社会的観点あるいは学術的観点から重要とされる課題を自発的に発見あるいは判断し、この解決に自発的に取り組む実践的能力を身につけている。
  2. 2.国際的感性とコミュニケーション能力
    • (1)技術開発成果を日本語または英語で発表・討論し、かつ報告書、学術論文等としてまとめるプレゼンテーション・コミュニケーション能力を身につけている。
  3. 3.時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能
    • (1)電気工学、電子工学、通信工学または情報工学の分野の専門的な知識を体系的に身につけ、当該分野の技術開発にこれを活用する能力を身につけている。
    • (2)技術開発チームの構成員として主体的かつ協調的に行動し、組織的な技術開発に貢献する能力を身につけている。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本専攻博士前期課程では、十分な専門基礎知識と高度な専門知識を兼ね備え、急速に技術革新が進行している状況に柔軟に適応しうる実践的な開発技術者を育成します。この目標を達成するため、本専攻は、以下の方針で教育課程を編成しています。

  1. 1.教育課程の編成・実施
    • (1)電気工学・電子工学・通信工学・情報工学の各分野にまたがる幅広い講義科目を用意し、学生各自が、実践的な開発技術者に求められる高度な専門知識及び専門関連分野の幅広い知識を学修できるようにしています。
    • (2)学生各自が、社会的あるいは学術的観点から重要な研究課題への取り組みと解決を通じ、実践的な研究課題解決能力を養成できるようにしています。
    • (3)学生各自が、実践的な開発技術者にふさわしいプレゼンテーション・コミニュケーション能力を養成できるようにしています。
    • (4)学生各自が、実践的な開発技術者にふさわしい下位者に対する指導能力を養成できるようにしています。
  2. 2.教育の方法と評価
    • (1)学生が専門知識の核心・本質を学修できように、これを熟知した各分野の専門教員が専門講義課目を担当しています。また、実践的な研究課題解決能力は、研究実績豊富な専門教員による直接的な研究指導に基づく実践的研究活動を通じ、養成するようにしています。プレゼンテーション・コミニュケーション能力は、日本語、英語による学会発表の準備と体験という実践的手段を通じ、養成しています。指導能力は、TA(ティーチング・アシスタント)の体験という実践的手段を通じ、養成しています。
    • (2)成績評価の厳格化を通じ、単位制度の実質化を達成しています。計画・遂行・発表を含む前期課程内研究の中間審査および本審査を介して、さらには、学会発表実績を通して、研究課題解決能力とプレゼンテーション・コミニュケーション能力の評価を行なっています。これら評価は、公平性と厳格性を期して、3名以上の専門教員で実施するようにしています。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

  1. 1.大学院教育によって培う能力
    本専攻博士前期課程では、以下の能力を備えた人材を育成します。
    • (1)電気工学、電子工学、通信工学または情報工学の分野の専門的な知識を体系的に身につけ、当該分野の技術開発にこれを活用する能力
    • (2)当該分野における社会的または学術的観点から重要とされる技術課題を自発的に発見あるいは判断し、この解決に自発的に取り組む実践的能力
    • (3)技術開発チームの構成員として主体的かつ協調的に行動し、組織的な技術開発に貢献する能力
    • (4)技術開発成果を日本語または英語で発表・討論し、かつ報告書、学術論文等としてまとめるプレゼンテーション・コミュニケーション能力
  2. 2.本専攻の求める入学者
    本専攻博士前期課程では、以下のような学力と意欲を有する人を受け入れます。
    • (1)電気工学、電子工学、通信工学、情報工学のいずれかの分野の基礎学力、数学と英語の基礎学力を有する人
    • (2)専門分野をより深くかつ幅広く修得し、人類社会の諸問題や産業界の要請を勘案した実践的な観点から、専門分野の技術開発に熱意と意欲を有する人
  3. 3.大学までの能力に対する評価(選抜方法)
    本専攻博士前期課程では、基礎学力の修得度、意欲と熱意をもとに選抜します。
    • (1)基礎学力は、電気回路、電気磁気学、情報基礎のいずれかの2分野、および数学と英語に関し判断します。
    • (2)基礎学力の修得度は主として筆記試験を通じ、意欲と熱意は口述試験を通じ、判断します。
    • (3)学部での学修成績によっては、筆記試験を免除します。

博士後期課程

教育研究上の目的

電気電子情報工学専攻の博士後期課程は、本学及び本学工学研究科の教育研究上の目的の下に、現代社会の持続的発展を支える電気工学、電子工学、通信工学、情報工学及びこれらの融合領域について、高度な専門的・学術的知識を体系的に深く理解し、人類社会の要請に主体的、実践的に対応できる研究開発や学術の担い手の育成を目的とする。

教育目標

本学の教育目標及び本専攻の教育研究上の目的等を踏まえ、工学研究科電気電子情報工学専攻博士後期課程では、電気・電子・通信・情報工学分野の研究開発や学術の担い手を養成することを、教育の最終の目標としています。
グローバル化社会において、新しい境界領域・学際領域が生まれており、学生が幅広い基礎的能力や俯瞰的なものの見方を修得した上で、専門分野に共通するコア科目を体系的に修得することを推進します。またコースワークに加え、より専門性を重視したリサーチワークにより、電気・電子・通信・情報工学分野及びその関連分野の学術的知識を体系的に深く理解し、それを教授する能力、各自が専門とする分野において社会的観点及び学術的観点から重要とされる課題を発見し、これを解決するための方法を開発し、さらに実用へと展開させる能力、研究開発を主導する能力を養成します。さらに研究開発の成果を国際会議等で発表し、他の研究者との討議を通して、最終的に学術論文としてまとめる能力を涵養します。こうした能力を涵養することによって、従来の専門分野に加えて、学問体系の学際的・横断的研究に柔軟に対応し、学際的新分野、学術、科学・技術の進展に柔軟に対応できる積極性、創造性豊かな研究者、技術者を養成することを教育目標として定めます。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本専攻博士後期課程のカリキュラムにおいて所定の単位を修得し、提出した博士論文が専攻内規に則って審査され合格と判定された者は、同専攻博士前期課程のディプロマ・ポリシーに掲げた能力、すなわちその対象とする専門分野についての体系的な専門知識を活かして主体的かつ実践的に技術開発を行いうる能力に加え、さらに以下に列挙した能力を身につけていると判断され、博士(工学)の学位が授与されます。

  1. 1.自立した良識ある市民としての判断力と実践力
    • (1)社会の動きに絶えず関心をもち、専門分野において社会的観点あるいは学術的観点から重要とされる課題を自発的に発見あるいは判断し、これを解決した上で実用へと展開させる高度な実践的能力を身につけている。
  2. 2.国際的感性とコミュニケーション能力
    • (1)研究成果を国際的な場で発表し、他の研究者との討論を通して、成果を高度かつ体系的な学術論文あるいは報告書としてまとめる能力。加えて、これに要する高度なプレゼンテーション・コミュニケーション能力を身につけている。
  3. 3.時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能
    • (1)電気工学、電子工学、通信工学あるいは情報工学の専門分野の学術的知識を、さらには関連分野の学術的知識を体系的かつ深く理解し、それを教授する能力を身につけている。
    • (2)研究チームのリーダーとして、チームをまとめ、組織的な研究を主導する能力を身につけている。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本専攻博士後期課程では、高度な学術的知識を体系的に深く理解し、人類社会の諸問題の解決に向け、未来を開拓する先端的研究に従事する研究者を育成します。この目標を達成するため、本専攻は、以下の方針で教育課程を編成しています。

  1. 1.教育課程の編成・実施
    • (1)電気工学・電子工学・通信工学・情報工学の各分野の高度な講義科目を用意し、実践的な研究者に求められる高度かつ最新・最先端の専門知識を教授しています。
    • (2)研究課題の探索能力、遂行能力、解決能力、研究チーム運営能力を高いレベルで修得できるようにしています。併せて、自発性・主体性・創造性・協調性等の研究開発の精神を涵養するようにしています。
    • (3)国際的な場で通用するプレゼンテーション・コミュニケーション能力を養成するようにしています。
    • (4)後進に対し、学術的知識を教授する能力、および教育する能力を修得できるようにしています。
  2. 2.教育の方法と評価
    • (1)各分野第一級の専門教員による専門知識教授を通じ、学生が高度かつ最新・最先端の専門知識を体系的に修得できようにしています。同専門教員の助言の下に、社会的観点あるいは学術的観点から重要な研究課題を自ら探索し、同研究課題の解決に学部生、博士前期課程大学院生を率いて取り組ませることにより、高度な研究遂行・解決能力、研究チーム運営能力を修得できるようにしています。同時に、研究開発の精神を涵養できるようにしています。国際的なプレゼンテーション・コミュニケーション能力は、国際会議での研究発表の準備と体験という実践的手段を通じ、養成しています。後進に対する教授・教育能力は、広い分野でのTA(ティーチング・アシスタント)体験という実践的手段を通じ、養成しています。
    • (2)成績評価の厳格化を通じ、単位制度の実質化を達成しています。特に、研究成果に関し、国内外の第一級学会論文誌による発表実績、国際会議による発表実績を通して、研究課題の遂行・解決能力、国際的なプレゼンテーション・コミニュケーション能力の評価を行なっています。これらの能力評価は、5名以上の有資格専門教員による予備審査、本審査等を介して、公平性と厳格性を期して、実施しています。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

  1. 1.大学院教育によって培う能力
    本専攻博士後期課程では、以下の能力を備えた人材を育成します。
    • (1)電気工学、電子工学、通信工学あるいは情報工学の専門分野の学術的知識を、さらには関連分野の学術的知識を体系的かつ深く理解し、それを教授する能力。
    • (2)当該分野における社会的観点あるいは学術的観点から重要とされる課題を自発的に発見あるいは判断し、これを解決した上で実用へと展開させる高度な実践的能力
    • (3)研究チームのリーダーとして、チームをまとめ、組織的な研究を主導する能力。
    • (4)研究成果を国際的な場で発表し、他の研究者との討論を通して、成果を高度かつ体系的な学術論文あるいは報告書としてまとめる能力。加えて、これに要する高度なプレゼンテーション・コミュニケーション能力。
  2. 2.本専攻の求める入学者
    本専攻博士後期課程では、以下のような学力と意欲を有する人を受け入れます。
    • (1)電気工学、電子工学、通信工学、情報工学のいずれかの分野の高度な学力と語学力を有する人。
    • (2)社会的観点あるいは学術的観点から重要な課題を発見し、それらの課題の解決に向けた先端的な研究に熱意と意欲を持っている人。
    • (3)電気工学、電子工学、通信工学、情報工学のいずれかの分野における大学教育、大学院教育に熱意と意欲を持っている人。
  3. 3.博士前期課程までの能力に対する評価(選抜方法)
    本専攻博士後期課程では、高度な専門学力の修得度、意欲と熱意をもとに選抜します。
    • (1)高度な専門学力は、修士論文と専修科目を中心に、口述試験を通じ判断します。熱意と意欲は、同様に口述試験を通じ判断します。
    • (2)語学力は、英語の筆記試験を通じ判断します。

このページのトップへ

応用化学専攻

博士前期課程

教育研究上の目的

応用化学専攻の博士前期課程は、我々の生活をより豊かにする新規機能性材料の創製や、地球環境の保全に寄与するエネルギー問題の解決など、社会に貢献するための高度な専門知識と研究開発能力を有する主体性に富んだ技術者・研究者の育成を目的とする。

教育目標

工学研究科応用化学専攻博士前期課程では、将来の化学産業を支える主体性に富んだ技術者・研究者の育成を、教育の最終の目標としています。新規機能性材料の創製や、環境・エネルギーに関する技術革新など、社会に貢献できる高度な専門知識を持ち、実験結果を論理的に考察する能力、研究計画を立案できる能力、研究領域の背景から最新の報告まで理解する能力、そして学会で発表し、討論できる能力が身についた人材の育成を教育目標として定めます。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本専攻博士前期課程のカリキュラムにおいて所定の単位を修得し、かつ提出した修士論文が専攻内規に則って審査され、合格と判定された者は、下記の能力を身につけていると判断され、修士(工学)の学位が授与されます。

  1. 1.自立した良識ある市民としての判断力と実践力
    • (1)新規機能性材料の創製、又は環境・エネルギーに関する技術革新など、社会に貢献できる高度な専門知識を持ち、それを活用する能力を身につけている。
  2. 2.国際的感性とコミュニケーション能力
    • (1)研究の成果を日本語や英語で発表し、論文としてまとめる能力を身につけている。
  3. 3.時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能
    • (1)各自が専門とする分野において産業的及び学術的観点から重要とされる課題を解決できる研究推進能力を身につけている。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本専攻博士前期課程では、我々の日常生活をより豊かにする新規機能性材料の創製をするための、又は地球環境の保全に寄与しエネルギー問題を解決するための高度な専門知識と研究開発能力を有する主体性に富んだ技術者・研究者を育成します。この目標を達成するため、本専攻では以下に示す方針でカリキュラムを設定しています。

  1. 1.教育課程の編成・実施
    • (1)化学の3つの基礎分野(物理化学、無機分析化学、有機化学)のうち、2つを必修として履修することで基礎力を充実させます。
    • (2)先端的な専門分野科目履修することで、高度な専門知識を活用する能力を涵養します。
    • (3)輪講を履修することで、社会における最新の研究動向を精査し、それらを自らの研究に生かせる能力を高めます。
    • (4)特別実験を履修することで、明確な研究目標を設定し、それを実現するための研究計画を立案し、実際に実験を行うことで目標を実現する能力を高めます。
    • (5)インターンシップに関する科目を履修することで、実社会における研究開発の実践を経験できます。
  2. 2.教育の方法と評価
    • (1)指導教員からの研究指導の下に、産業的及び学術的観点から重要とされる課題に取り組むことで、研究推進能力を涵養します。
    • (2)TA(ティーチング・アシスタント)に就くことで、教育能力を高める経験を積む機会を用意しています。
    • (3)中間審査において、研究の進捗を評価します。
    • (4)国内外の学会発表において研究成果を発表することで、学外の社会と関わりながら研究をまとめる能力を涵養します。
    • (5)修士論文と、その内容に関する口頭発表を審査することで、修士として必要な能力を身につけているか評価します。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

  1. 1.大学院教育によって培う能力 本専攻博士前期課程では、以下の能力を備えた人材を育成します。
    • (1)新規機能性材料の創製、又は環境・エネルギーに関する技術革新など、社会に貢献できる高度な専門知識を持ち、それを活用する能力。
    • (2)研究の成果を日本語や英語で発表し、論文としてまとめる能力。
    • (3)各自が専門とする分野において産業的及び学術的観点から重要とされる課題を解決できる研究推進能力。
  2. 2.本専攻の求める入学者
    • (1)基礎化学及び英語の基礎学力、さらに物理化学、有機化学、無機化学、分析化学、工業物理化学、高分子化学の中からいずれか2つの専門分野における基礎学力を有する人
    • (2)化学の本質と最先端技術をより深く学び研究したいという意欲に溢れている人
    • (3)将来さまざまな分野で研究者・専門技術者として活躍したいと希望している人
  3. 3.大学までの能力に対する評価(選抜方法)
    • (1)基礎化学、語学、専門科目の基礎学力に関する筆記試験と、研究意欲に関する口述試験を行います。これらの総合評価により選抜します。

博士後期課程

教育研究上の目的

応用化学専攻の博士後期課程は、博士前期課程に掲げた能力に加え、新たな分野を開拓できる創造能力を有する研究者の育成を目的とする。

教育目標

本学の教育目標及び本専攻の教育研究上の目的等を踏まえ、工学研究科応用化学専攻博士後期課程では、将来の化学産業を支える主体性に富んだ研究者、または大学・研究所において新しい研究分野を開拓できる独創的な研究者の育成を、教育の最終の目標としています。新規機能性材料の創製、環境・エネルギーに関する技術革新など、社会から求められる技術革新に貢献できる極めて高度で最新の専門知識を持ち、さらに研究について討論できる能力、研究課題を提案できる能力、専門誌へ投稿する論文の作成能力、そして研究指導能力を身につけた人材の育成を教育目標として定めます。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本専攻博士後期課程のカリキュラムにおいて所定の単位を修得し、かつ提出した博士論文が専攻内規に則って審査され、合格と判定された者は、下記の能力を身につけていると判断され、博士(工学)の学位が授与されます。

  1. 1.自立した良識ある市民としての判断力と実践力
    • (1)新規機能性材料の創製、又は環境・エネルギーに関する技術革新など、社会に貢献できる高度な専門知識を深く理解し、それに基づいて新たな研究分野を提案する能力を身につけている。
  2. 2.国際的感性とコミュニケーション能力
    • (1)研究の成果を日本語や英語で発表し、他の研究者と討議を通して、最終的に英語で学術論文をまとめる能力を身につけている。
  3. 3.時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能
    • (1)各自が専門とする分野において産業的及び学術的観点から重要とされる課題を見出し、これを解決できる研究能力を身につけている。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本専攻博士後期課程は、新規機能性材料の創製、又は環境・エネルギーに関する技術革新に貢献できる高度な専門知識を深く理解し、産業的及び学術的に重要な新たな研究分野を開拓できる研究者を育成します。この目標を達成するため、本専攻では以下に示す方針でカリキュラムを設定しています。

  1. 1.教育課程の編成・実施
    • (1)先端的な専門分野における高度な学術的知識を扱う授業科目を履修することで、極めて高度な専門性を高めます。
    • (2)授業科目に対応した演習科目を履修することで、新たな研究分野を提案するための研究計画を立案し、それを実現する能力を涵養します。
  2. 2.教育の方法と評価
    • (1)指導教員の助言の下に、産業的及び学術的に重要な研究課題を自ら設定し、研究を推進する能力を涵養します。
    • (2)TA(ティーチング・アシスタント)に就くことで、教育者として教育能力を高める経験を積む機会を用意しています。
    • (3)予備審査において研究の進捗を評価します。
    • (4)国内外の学会発表によって、学外の社会と関わりながら、他の研究者と討議する能力を涵養します。
    • (5)英語で学術論文を作成することで、研究の成果を日本語だけでなく英語でまとめる能力を涵養します。
    • (6)博士論文と、その内容に関する口頭発表を審査することで、博士として必要な能力を身につけているか評価します。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

  1. 1.大学院教育によって培う能力 本専攻博士後期課程では、以下の能力を備えた人材を育成します。
    • (1)新規機能性材料の創製、又は環境・エネルギーに関する技術革新など、社会に貢献できる高度な専門知識を深く理解し、それに基づいて新たな研究分野を提案する能力
    • (2)研究の成果を日本語や英語で発表し、他の研究者と討議を通して、最終的に英語で学術論文をまとめる能力
    • (3)各自が専門とする分野において産業的及び学術的観点から重要とされる課題を見出し、これを解決できる研究能力
  2. 2.本専攻の求める入学者
    • (1)分子物性工学、エネルギー変換化学、高分子機能材料、生体分子工学、無機材料・分析化学、資源物質化学のいずれかの分野において極めて高度な学力、及び英語の活用能力を修得したいと希望していて、その資質を有する人
    • (2)既存の分野での研究者・専門技術者としての知識と技術を修得するにとどまらず、新たな分野を開拓する能力を修得したいと希望している人
  3. 3.博士前期課程までの能力に対する評価(選抜方法)
    • (1)語学に関する筆記試験と、研究能力に関する口述試験を行います。これらの総合評価により選抜します。

このページのトップへ

経営工学専攻

博士前期課程

教育研究上の目的

経営工学専攻の博士前期課程は、旧来の理系・文系の枠にとらわれない分野横断的な学際研究を目指し、システムズアプローチにより問題発見・分析・解決・評価を行う能力の育成を図ることにより、経営工学あるいは情報システム関連分野の技術者として、自立活動するに十分な基礎力と幅広い学識を身に付けたうえで、科学的技術・手法に基づいて問題解決する実践的システム技術者の育成を目的とする。

教育目標

本学の教育目標及び本専攻の教育研究上の目的等を踏まえ、工学研究科経営工学専攻博士前期課程では科学的技術・手法に基づいて問題解決する経営工学あるいは情報システム関連分野の実践的システム技術者の育成を、教育の最終の目標としています。
経営工学や情報システムの背景として、いつでもどこでもリアルタイムに情報を授受できる情報社会において、小さな部品レベルの産業分野、単一の学問分野あるいは従来の1つのセクター(学問分野)だけでは解決できない社会的課題が益々山積しています。人間・社会・自然・資源環境・人工物等をシステムという観点から横断的に探究し、俯瞰的で総合的な手法で課題解決をすることが求められます。
本課程では、高度な実践的システム技術者になる専門家を育成するため、横断的・俯瞰的な理論、手法、高度な専門的知識の学修を通じて、問題発見、解決方法及びシステムズアプローチを実践でき、大規模複雑化した社会の中から問題解決できる高度な能力を涵養することを教育目標として定めます。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本専攻博士前期課程では、科学的手法・技術に基づいて問題解決する実践的システム技術者を育成します。本専攻のカリキュラムにおいて所定の単位を修得し、提出した修士論文又は特定課題の成果が審査で合格と判定された者は、以下の目標を達成していると判定され、修士(工学)の学位が授与されます。

  1. 1.自立した良識ある市民としての判断力と実践力
    • (1)優れた現場感覚と幅広い伝統・文化に関わる教養を有し、多元的な評価尺度に基づいて、総合的な視点から論理的に判断できる。
    • (2)課程修了後も継続的に自己研鑽に努め、幅広いパーソナルネットワークを用いて、未来社会の発展に主体的に取組む能力と意欲を持っている。
  2. 2.国際的感性とコミュニケーション能力
    • (1)外国語の基礎力を有したうえで、自己表現能力、コミュニケーション能力を有し、リーダーシップを発揮して他者との協同作業を円滑に遂行できる。
    • (2)内外の経営および文化風土の違いを認識し、柔軟に行動できる。
  3. 3.時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能
    • (1)専門知識として自然科学、情報活用技術等を有し、論理的・数理的思考能力の基盤が強固に築かれている。
    • (2)専門的知識および思考能力に基づき、社会・産業に関わる問題を解決するシステムを設計できる。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本専攻博士前期課程では、科学的手法・技術に基づいて問題解決する実践的システム技術者を育成するため、以下に示す方針でカリキュラム・ポリシーを設定しています。本専攻の教育課程表では、問題意識を持って、幅広い豊かな教養のもとに深い専門的知識を学修できるように、主に対象とする領域を4部門に分けて教育課程を構成しています。これにより、実務につながるシステム技術者の教育を実践しています。複数名の実務経験者を教員に配しています。

  1. 1.教育課程の編成・実施
    • (1)対象分野の専門知識を有し、産業に関わる実問題の解決能力の養成を主眼として、次の2部門を配置しています。
      • ①経営管理システム工学:管理システム構築のための経営科学と高度な経営管理技術を兼備。
      • ②生産システム工学:生産合理化を目指す体系的手法と高度な生産システム技術を兼備。
    • (2)自然科学、情報活用技術等の専門知識を有し、社会に関わる実問題を解決するための論理的・数理的思考能力の養成を主眼として、次の2部門を配置しています。
      • ①数理情報システム工学:情報という社会基盤を創成する理論と高度な数理情報システム技術を兼備。
      • ②情報システム工学:情報システム構築のための方法論と高度な情報システム技術を兼備。
  2. 2.教育の方法と評価
    • (1)学生は、専攻内の教員が専門とする領域について行う講義科目を通じ、学部で得た知識・技能に基づき、より高度な知識・技能を修得します。指導教授を中心とした演習科目は、双方向で運用され、専門内容に対する思考力・判断力・表現力・問題解決能力を磨きます。学生が主体性をもって多様な人々と共同して学ぶ態度の涵養できるように、事例研究を用意しています。
    • (2)少人数の演習科目に加えて、3回以上の学会発表(海外を含む)を推奨しています。専攻内での初年度1回の発表会、修了年度3回の審査会を義務づけ、論文内容を深化させると共に、自己表現力とコミュニケーション能力を育成しています。
    • (3)TA(ティーチング・アシスタント)に就くことで、教育能力を高める経験を積む機会を用意しています。
    • (4)単位制度の実質化を図るため、成績評価の方法及び基準をシラバスに記載し、明確化しています。
    • (5)修士論文と、その内容に関する複数回の審査会を通じ、論文の進捗状況を評価すると共に、修士として必要な能力を身につけているか評価します。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

  1. 1.大学院教育によって培う能力
    既知もしくは潜在的な問題を認識し、科学的手法・技術に基づいて解決する実践的システム技術を開発する能力を培います。
  2. 2.本専攻の求める入学者
    本専攻博士前期課程では、以下のような学力と意欲を有する人を受け入れます。
    • (1)本専攻分野である経営工学又は情報システム学における、経営管理・生産・数理情報・情報等に関わる基礎学力を有する人
    • (2)未来社会を豊かにする新しいシステムを主体的に開発・発展させたいという強い意欲を持つ人
    • (3)経営工学又は情報システム学の分野において優れた資質を持つ人
    • (4)異分野で優れた資質を持ち、それを本専攻の分野に展開する意欲と能力を持つ人
  3. 3.大学までの能力に対する評価(選抜方法)
    筆記と口述の試験によって選抜している。筆記試験は、「語学」および「基礎および専門」からなる。「語学」は英語である。「基礎」において、数学は必須ですが、もう一科目は「コンピュータ科学」あるいは「経営工学基礎」からの選択となっており、幅広い素養をもった学生に門戸を開いています。専門2科目も同様な選択制になっています。口述試験では、本人の専修しようとしている科目についてはもちろんのこと、主体性をもって学ぶ姿勢を評価しています。
    なお、多様な学生に門戸を開くため、本学出身者に限らず学部成績優秀者には、筆記試験を免除する制度も設けています。

博士後期課程

教育研究上の目的

経営工学専攻の博士後期課程は、独立した研究活動を行うに十分な基礎力と豊かな学識を身に付けたうえで、最先端の最適化技術・システム技術を基盤として、広く社会に役立つ研究開発を先導的に推進する研究者、教育者、高度専門技術者の育成を目的とする。

教育目標

本学の教育目標及び本専攻の教育研究上の目的等を踏まえ、工学研究科経営工学専攻博士後期課程では科学的技術・手法に基づいて問題解決する経営工学あるいは情報システム関連分野のシステム研究者の育成を、教育の最終の目標としています。
経営工学や情報システムの背景として、人間・社会・自然・資源環境・人工物等をシステムという観点から横断的に探究し、俯瞰的で総合的な手法で課題解決をすることが求められます。さらに、システムへのニーズは大きく激変し、将来を見据えた経営戦略やシステム開発の方法論が必要とされています。 
本課程では、高度なシステム研究者を育成するため、横断的・俯瞰的な理論、及び実践的な問題発見、解決方法、システムズアプローチの学修を通じて、大規模複雑化した社会の中から問題解決でき、人間・社会・自然・資源環境・人工物等をシステムという観点から横断的に研究できる総合的な能力を涵養することを教育目標として定めます。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本専攻博士後期課程では、最先端の最適化技術、システム技術を先導的に推進する能力を身につけ、広く社会で活躍する研究者、教育者、高度専門技術者を育成します。本専攻のカリキュラムにおいて所定の単位を修得し、提出した博士論文が審査で合格と判定された者は、以下の目標を達成していると判定され、博士(工学)の学位が授与されます。

  1. 1.自立した良識ある市民としての判断力と実践力
    • (1)前期課程に記載の目標をさらに強固に達成している。
    • (2)専門知識に基づいて、市民を啓発する能力をもっている。
  2. 2.国際的感性とコミュニケーション能力
    • (1)前期課程に記載の目標をさらに強固に達成している。
    • (2)経営工学あるいは情報システム関連分野のシステム技術を伝授する国際コミュニケーション能力をもっている。
  3. 3.時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能
    • (1)前期課程に記載の目標をさらに強固に達成している。
    • (2)新技術の開発を行うことができる研究者、教育者、高度専門技術者として、その第一歩を踏み出したと認められる研究成果を出している。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本専攻博士後期課程では、最先端の最適化技術、システム技術を先導的に推進する能力を身につけ、広く社会で活躍する研究者、教育者、高度専門技術者を育成するため、以下に示す方針でカリキュラム・ポリシーを設定しています。

  1. 1.教育課程の編成・実施
    • (1)博士前期課程と同様に、本専攻で主に対象とする領域を4部門に分けて配置し、問題意識を持って学修できるようにしています。
  2. 2.教育の方法と評価
    • (1)博士前期課程で述べた方法と共に、本専攻分野の特質から、指導教員の中に十分な実務経験を有する複数の研究者を配置して、理論教育・研究はもちろんのこと、実務に根差した教育にも力を注いでいます。
    • (2)講義・演習科目を受けるだけでなく、TA(ティーチング・アシスタント)に就くことで、研究者、教育者、高度専門技術者としての教育・研究能力を高める経験を積む機会を用意しています。
    • (3)単位制度の実質化を図るため、成績評価の方法及び基準をシラバスに記載し、明確化しています。
    • (4)博士論文と、その内容に関する複数回の審査会を通じ、論文の進捗状況を評価すると共に、博士として必要な能力を身につけているか評価します。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

  1. 1.大学院教育によって培う能力
    既知もしくは潜在的な問題を認識し、科学的手法・技術に基づいて解決する実践的システム技術を新たに研究開発する能力を培います。
  2. 2.本専攻の求める入学者
    • (1)本専攻分野である経営工学又は情報システム学における、経営管理・生産・数理情報・情報等に関わる高度な学力を有する人
    • (2)経営工学又は情報システム学の分野において優れた資質を有し、これをさらに練磨したいと強く望んでいる人
    • (3)本専攻分野である経営工学又は情報システム学において、広く社会で活躍する研究者、教育者、高度専門技術者を目指す強い意欲を持つ人
  3. 3.博士前期課程までの能力に対する評価(選抜方法)
    筆記と口述の試験によって選抜している。筆記試験には、研究者として必須の素養である英語を課す。口述試験では、修士論文を中心として、本人の研究能力を評価します。

このページのトップへ

建築学専攻

博士前期課程

教育研究上の目的

建築学専攻の博士前期課程は、「様々な機能と諸技術、そして美とを調整し、それらの最善の総合化を図ることによって、人間の多様な営みにとって使いやすく、安全で快適、かつ感動を呼ぶ持続可能な空間や形態・環境を創造すること」という『建築の目的』を達成できる人材として、先端的知識を要求される問題にも直ちに参加できる技術者、専門家の育成を目的とする。

教育目標

本学の教育目標及び本専攻の教育研究上の目的等を踏まえ、工学研究科建築学専攻博士前期課程では、先端的知識を要求される建築の諸分野の問題に、積極的に立ち向かえる専門的技術者の育成を教育の最終目標としています。
これからのグローバル化した国際社会における新しい建築学分野では、益々人と環境との関係をどう築いて行くのかが大きなテーマとなります。こうした動きの中で、新しい時代を切り開いていく人材としては、専門的な建築分野の知識だけではなく、多様な興味や関心で育まれる広い知識や教養とともに新しい諸技術を総合化していく能力が必要とされます。また、自らの力を発揮し、社会で自らの役割を担うためには、広く社会と関わることが求められ、そのためには、コミュニケーション能力も必要とされます。こうした自己を表現するための多様な能力の基礎を研究と教育を通して学ぶとともに、修了後も時代の変化に対応していくために、自らを鍛えていく姿勢が必要とされます。
このように本課程では、教育並びに研究を通して、様々な基礎能力を携え、日本そして世界に貢献することのできる専門家として自立できる人材の育成を教育目標として定めます。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本専攻博士前期課程では、本専攻のカリキュラムにおいて所定の単位を修得し、修士論文又は特定課題についての研究成果の専攻内規に則った審査及び最終試験に合格と判定された者は、以下に掲げる目標を達成していると判定され、修士(工学)の学位が授与されます。

  1. 1.自立した良識ある市民としての判断力と実践力
    • (1)多化する社会に関する幅広い視野と教養を身につけている。
  2. 2.国際的感性とコミュニケーション能力
    • (1)研究の成果を日本語や英語で発表し、論文としてまとめる能力を身につけている。
    • (2)論理的な思考力とプレゼンテーション能力を身につけている。
  3. 3.時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能
    • (1)建築分野の急速な技術進歩へ適応できる能力を身につけている。
    • (2)建築分野の産業的及び学術的観点から重要とされる課題を解決できる研究推進能力を身につけている。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本専攻博士前期課程では、「様々な機能と諸技術、そして美とを調整し、それらの最善の総合化を図ることによって、人間の多様な営みにとって使いやすく、安全で快適、かつ感動を呼ぶ持続可能な空間や形態・環境を創造すること」という『建築の目的』を達成できる人材として、「先端的知識を要求される問題にも直ちに参加できる技術者、専門家を育成」するため、以下に示す方針でカリキュラム・ポリシーを設定しています。

  1. 1.教育課程の編成・実施
    • (1)持続可能な空間・環境を創造するために、①主として安全で持続可能な空間を創造するための建築構造に関する専門分野、②主として使いやすく感動を呼ぶ持続可能な空間・環境を創造する事や町並み等の建築文化財を後世に伝えるための建築デザインに関する専門分野、③主として快適で持続可能な空間・環境を創造するための建築 環境に関する専門分野の中から、各自の専門及び専門以外の関連分野に関する高度の知識を教授します。
    • (2)教員の指導の下に、社会的観点及び学術的観点から重要な研究課題に取り組むことで、積極的に社会と関わり合い、様々な機能と諸技術、美とを調整、総合化を主体的に図ることができる能力を育成します。
  2. 2.教育の方法と評価
    • (1)TA(ティーチング・アシスタント)に就くことで、教育能力を高める経験を積む機会を用意しています。
    • (2)単位制度の実質化を図るため、成績評価を厳格化するとともに成績評価の方法及び基準を明確化しシラバスに記載しています。
    • (3)中間審査において、研究の進捗を評価します。
    • (4)国内外の学会発表において研究成果を発表することで、学外の社会と関わりながら研究をまとめる能力を涵養します。
    • (5)修士論文と、その内容に関する口頭発表を審査することで、修士として必要な能力を身につけているか評価します。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

  1. 1.大学院教育によって培う能力
    本専攻の博士前期課程は、「様々な機能と諸技術、そして美とを調整し、それらの最善の総合化を図ることによって、人間の多様な営みにとって使いやすく、安全で快適、かつ感動を呼ぶ持続可能な空間や形態・環境を創造すること」という『建築の目的』を達成できる人材として、先端的知識を要求される問題にも直ちに参加できる技術者、専門家を育成します。
  2. 2.本専攻の求める入学者
    • (1)建築計画、建築環境・建築設備、建築法規、建築構造、建築施工の各分野における十分な基礎学力を有する人
    • (2)様々な機能と諸技術、そして美とを調整、総合化を主体的に図ることのできる人
    • (3)使いやすく、安全で快適、かつ感動を呼ぶ持続可能な空間や形態・環境を創造することのできる人
    • (4)研究成果を学会に発表したり、設計競技に応募したり、あるいは町に出て町の人たちと力を合わせて町づくりに参加する等、積極的に社会と関わり合いを持つ意欲のある人
    • (5)一級建築士、構造設計一級建築士、設備設計一級建築士、一級施工管理技師、技術士等の資格修得を目指す人
  3. 3.大学までの能力に対する評価(選抜方法)
    本専攻博士前期課程では、基礎学力の修得度、意欲と熱意をもとに選抜します。
    • (1)基礎学力は、建築計画、建築環境・建築設備、建築法規、建築構造、建築施工の各分野、および英語に関し判断します。
    • (2)基礎学力の修得度は主として筆記試験を通じ、意欲と熱意は口述試験を通じ、判断します。
    • (3)学部での学修成績によっては、筆記試験を免除します。

博士後期課程

教育研究上の目的

建築学専攻の博士後期課程は、「様々な機能と諸技術、そして美とを調整し、それらの最善の総合化を図ることによって、人間の多様な営みにとって使いやすく、安全で快適、かつ感動を呼ぶ持続可能な空間や形態・環境を創造すること」という『建築の目的』を高度に達成できる人材として、研究者・高度専門技術者の育成を目的とする。

教育目標

本学の教育目標及び本専攻の教育研究上の目的等を踏まえ、工学研究科建築学専攻博士後期課程では、先端的知識と技術を要求される建築の諸分野で、率先して新しい建築分野を切り開いていける高度な研究者・専門技術者の育成を教育の最終目標としています。
これからの新しい建築学分野では、益々人と環境との関係をどう築いて行くのかが大きなテーマとなります。こうした動きの中で、新しい時代を切り開いていく人材としては、建築分野の専門知識だけではなく、多様な興味や関心で育まれる広い知識と教養をもとに新しい諸技術を総合化し、応用していく能力が必要とされます。また、自らの力を発揮し社会で自らの役割を担うためには、広く社会と関わることが求められ、そのためには、高度なコミュニケーション能力もプレゼンテーション能力も必要であり、国際化社会にあっては、語学力も必要とされます。こうした自己を表現するための多様な能力は、在学中の研究・教育だけでは足りず、むしろ、修了後も高度な研究者・専門技術者としての立場を維持するために、絶えず自ら研鑽していくという強い姿勢が求められます。このように本課程では、教育並びに調査・研究を通して、自らを高め続けることで、日本そして世界に貢献できる高度な研究者・専門技術者として自立できる人材の育成を教育目標として定めます。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本専攻博士後期課程では、本専攻のカリキュラムにおいて所定の単位を修得し、博士論文についての研究成果の専攻内規に則った審査及び最終試験に合格と判定された者は、以下に掲げる目標を達成していると判定され、博士(工学)の学位が授与されます。

  1. 1.自立した良識ある市民としての判断力と実践力
    • (1)多様化する社会に関する幅広い視野と教養を身につけている。
  2. 2.国際的感性とコミュニケーション能力
    • (1)研究の成果を日本語や英語で発表し、論文としてまとめる能力を身につけている。
    • (2)論理的な思考力とプレゼンテーション能力を身につけている。
  3. 3.時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能
    • (1)建築分野の急速な技術進歩へ適応できる能力を身につけている。
    • (2)建築分野の産業的及び学術的観点から重要とされる課題を見出す、これを解決できる研究推進能力を身につけている。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本専攻博士後期課程では、上記の『建築の目的』を達成できる人材として、「研究者・高度専門技術者を育成」するため、以下に示した方針でカリキュラム・ポリシーを設定しています。

  1. 1.教育課程の編成・実施
    • (1)美しく安全で快適な建築空間の創造・都市や地域のゆたかな生活環境の探求と改善・建築文化の創造と継承等をすすめる人材を育成するのに必要な学術的知識を、①主として安全で持続可能な空間を創造するための建築構造に関する専門分野、②主として使いやすく感動を呼ぶ持続可能な空間・環境を創造する事や町並み等の建築文化財を後世に伝えるための建築デザインに関する専門分野、③主として快適で持続可能な空間・環境を創造するための建築環境に関する専門分野の中から、各自の専門に関する高度な最先端の学術的知識を教授します。
    • (2)自主性を大切にしつつ、教員の助言の下で、様々な機能と諸技術、美とを調整、総合化を主体的に図ることができるよう、社会との結びつきを重視しながら研鑽を積みます。
    • (3)研究成果を学会に発表することや、設計競技に応募、あるいは町に出て町の人たちと力を合わせて町づくりに参加し、町並み等の建築文化財を後世に伝える活動をする等、実社会の専門技術者と対等に競り合う経験を持ちます。
  2. 2.教育の方法と評価
    • (1)TA(ティーチング・アシスタント)に就くことで、教育能力を高める経験を積む機会を用意しています。
    • (2)単位制度の実質化を図るため、成績評価を厳格化するとともに成績評価の方法及び基準を明確化しシラバスに記載しています。
    • (3)予備審査において、研究の進捗を評価します。
    • (4)国内外の学会発表において研究成果を発表することで、学外の社会と関わりながら、他の研究者と討議する能力を涵養します。
    • (5)英語で学術論文を作成することで、研究の成果を日本語だけでなく英語でまとめる能力を涵養します。
    • (6)博士論文と、その内容に関する口頭発表を審査することで、博士として必要な能力を身につけているか評価します。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

  1. 1.大学院教育によって培う能力
    建築学専攻の博士後期課程は、「様々な機能と諸技術、そして美とを調整し、それらの最善の総合化を図ることによって、人間の多様な営みにとって使いやすく、安全で快適、かつ感動を呼ぶ持続可能な空間や形態・環境を創造すること」という『建築の目的』を高度に達成できる人材として、研究者・高度専門技術者を育成します。
  2. 2.本専攻の求める入学者
    • (1)建築計画、建築環境・建築設備、建築法規、建築構造、建築施工の各分野における高度な学力を有する人
    • (2)自ら新たな問題を発掘し、それを解決する意欲を持つ人を受け入れます。
    • (3)研究者ならびに高度専門技術者として建築の各専門分野で活躍することを目指す人
  3. 3.博士前期課程までの能力に対する評価(選抜方法)
    本専攻博士後期課程では、高度な専門学力の修得度、意欲と熱意をもとに選抜します。
    • (1)高度な専門学力は、修士論文と専修科目を中心に、口述試験を通じ判断します。熱意と意欲は、同様に口述試験を通じ判断します。
    • (2)語学力は、英語の筆記試験を通じ判断します。