• 印刷
  • 前のページに戻る
  • 過去に見たページをチェック

メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

教員免許状更新講習

ICTを活用した授業設計と思考力・実践力の育成 —電子黒板やタブレット端末の活用—

期間

2017年7月30日(日)・7月31日(月)・8月1日(火)の3日間(18時間)

受講対象者

中学校・高等学校の教諭で、日常の校務や授業でICT機器(コンピュータ、タブレット端末、電子黒板など)を使用している人・使用したいと考えている人。免許教科は問いません。

  • 本講習ではデジタル教科書を使用しますが、用意できる教科書の種類が限られていますので、あらかじめ「用意可能なデジタル教科書一覧 PDFを確認の上、申込時に選択してください。
  • 本講習は、ICT機器の使い方を教える講習ではありません。電子黒板やタブレット端末(iPad)など新しいICT機器をどのように授業で活用し、生徒の思考力・実践力を育成できるかを理論と実践を学びながら、模擬授業を行います。よって、パソコンやインターネットなど基本的な知識や使い方などを理解している方を対象とします。

職種

教諭

場所/募集人数

中山キャンパス(附属中・高等学校)/30名

料金

18,000円
※別途、事前購入教材として『授業設計マニュアルVer.2-教師のためのインストラクショナルデザイン』(改訂版)北大路書房 稲垣忠・鈴木克明共著を各自購入の上、当日持参してください。

概要

本講習では電子黒板やタブレット端末(iPad)など新しいICT機器をどのように授業で活用し、生徒の思考力・実践力を育成できるのかを理論と実践事例を交えながら説明していきます。会場となる神奈川大学附属中・高等学校では、全教室に電子黒板と無線LAN、iPadが整備されています。そのICT環境を使って、ICT機器を活用した授業の学習効果・問題・質についての理解を深めたうえで、授業設計と模擬授業を行います。
なお、本講習は講習対象者の免許教科は問いません。

内容

  • 表が見にくい場合はPCまたはタブレットよりご確認ください。
  1日目 7月30日(日) 2日目 7月31日(月) 3日目 8月1日(火)
1限(90分)
8:50-10:20
目的:教育の情報化とこれまでの政策、取組みと現状を理解する
  • 本講習の説明 / アイスブレーキング(25分)
  • 講義:新学習指導要領と大学入試改革動向(30分)
  • 教育の情報化政策とICT教育(30分)
  • 振り返り(5分)
(小林 道夫)
目的:学習理論とそれに適した教授方法を選択できるようになる
  • アイスブレーキング(10分)
  • 学習理論の変遷(30分)
  • 教授方法とその留意事項(グループ学習、ジグソー法、反転授業など)(45分)
  • 振り返り(5分)
(今野 貴之)
目的:模擬授業を実施する。
(小林 道夫、今野 貴之)
2限(90分)
10:30-12:00
目的:電子黒板と無線LAN、iPadの使用方法を理解する
使用教材:電子黒板、デジタル教科書、PC、iPad、実物投影機、プロジェクタなど
  • ICT教育の現状と今後の動向(30分)
  • iPadと電子黒板、デジタル教科書を使った授業例。ロイロノートなどiPadアプリの活用(50分)
  • メリットとデメリットの確認(10分)
(小林 道夫)
目的:思考力育成のための教授メディアとその実施方法を理解する
  • シンキングツール冊子を配布・説明(30分)
  • シンキングツールを実際に使用する(25分)
  • グループ討議(20分)
  • 個人でPMIを使用してこれまでの講義を振り返る(15分)
(今野 貴之)
目的:模擬授業を実施する
(小林 道夫、今野 貴之)
3限(90分)
13:00-14:30
目的:授業設計のためのインストラクショナルデザインを理解する
使用教材:教科書(2章、4章)
  • 授業設計のための基礎知識・理論(ADDIEモデルの説明)(30分)
  • ID理論の説明(ARCS、ゴールベース、9教授事象)(30分)
  • ガニエの学習成果の5分類(25分)
  • 振り返り(5分)
(小林 道夫)
目的:これまでの復習、ICT機器を活用した授業設計を行う
  • 評価方法(形成的評価、マイクロティーチング、事後検討、ルーブリック)(20分)
  • これまでの復習(質疑応答含)(20分)
  • 模擬授業の説明・質疑応答(10分)
  • 教科別のグループに分かれて学習指導案を作成する(40分)
(今野 貴之)
目的:模擬授業を相互評価する
  • 自分の模擬授業の実践および、他の受講生の模擬授業を、シンキングツールを用いて振り返る。(20分)
  • 振り返りをもとにディスカッションをする(70分)
(小林 道夫、今野 貴之)
4限(90分)
14:40-16:10
目的:ICTを活用した授業設計と教材研究
使用教材:教科書(5、6章)
  • 教科書5章・課題分析(10分)
  • グループ毎に電子黒板とiPadを使った教材研究(50分)
  • グループ間で発表(20分)
  • 質疑応答、本日の振り返り(10分)
(小林 道夫)
目的:模擬授業の準備をする
  • 模擬授業の準備:学習指導案・教材作成(70分)
  • 質疑応答、本日の振り返り(10分)
(今野 貴之)
目的:レポート作成と本講習のまとめ
  • レポート課題(70分)
  • シンキングツールを用いて振り返りを行う(10分)
  • 講師コメント(5分×2名)
(小林 道夫、今野 貴之)

講師

担当講師氏名 主要職歴・現職 主な専門分野・業績
小林 道夫 神奈川大学附属中・高等学校教諭
神奈川大学経営学部非常勤講師
教育工学、情報教育
神奈川大学免許更新講習「ICTを活用した授業設計と指導」講師(2008年、2009年)
「情報メディアを活用した思考力育成」講師(2013年、2014年、2015年、2016年)
今野 貴之 明星大学教育学部助教 教育工学、授業研究
思考力育成
神奈川大学免許更新講習「情報メディアを活用した思考力育成」講師(2013年、2014年、2015年、2016年)

履修認定の方法

筆記試験

受講申し込み方法について同ウインドウで開きます

講習一覧へ戻る

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ