• 印刷
  • 前のページに戻る
  • 過去に見たページをチェック

メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

教員免許状更新講習

[物理・化学・生物]の魅力を伝えるための実験・観察技術

期間

2017年8月1日(火)・8月2日(水)・8月3日(木)の3日間(18時間)

受講対象者

中学校・高等学校の理科の教員、および専門教科が理科である小学校の教員

職種

教諭

場所/募集人数

湘南ひらつかキャンパス/20名

料金

18,000円

概要

学校の教育現場で扱う自然現象について、日常生活の中で実際おこる現象をどのように観察し理解させるか、逆に日常生活では見ることができない現象について模型やPCを用いた実習などを通じてどのように理解させたらよいか、具体的な事例を紹介する。物理、化学の実習と自然観察を行い、実験や観察の指導技術と安全教育の具体例を紹介し、さらに他の教科との関連も議論する。また、ノーベル賞などを例に最先端のトピックスを紹介する。

内容

  • 表が見にくい場合はPCまたはタブレットよりご確認ください。
  1日目 8月1日(火) 2日目 8月2日(水) 3日目 8月3日(木)
1限(90分)
10:00-11:30
実験・実習における事故事例の紹介とその対策
(日野 晶也)
生物学特別講義
「生物の古典的な分類法と遺伝情報を用いた新たな分類法について」
(日野 晶也)
総合討論
最近のノーベル賞の話題から模擬授業
(中田 穣治)
2限(90分)
12:30-14:00
実験実習と観察会の企画法および他の教科との関連
(吉田 修久)
化学実験
  • ホタルにならった化学発光物質の合成と発光
  • 振動反応の観察
(渡邉 信子)
模擬授業
(中田 穣治、加部 義夫)
3限(90分)
14:10-15:40
化学特別講義
「化学で作る人工細胞」
(菅原 正)
物理学実験
  • 電気パン焼き器による熱エネルギー変換の物理実験
  • 電子の比電荷の測定
(中田 穣治)
模擬授業
(中田 穣治、加部 義夫)
4限(90分)
15:50-17:20
生物学実験(PCR実験)
1.PCR法によるDNAの増幅反応の操作
2.電気泳動による増幅されたDNAの検出
(河合 忍)
物理学特別講義「MeV級イオン加速器の応用」
(中田 穣治)
模擬授業
(中田 穣治、加部 義夫)

講師

担当講師氏名 現職 主な専門分野・業績
中田 穣治 神奈川大学理学部教授 量子物理学、イオンビーム加速器科学
加部 義夫 神奈川大学理学部教授

ケイ素化学、フラーレン化学、計算化学

履修認定の方法

実技考査

受講申し込み方法について同ウインドウで開きます

講習一覧へ戻る

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ