メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

教員免許状更新講習

【必修】教育の最新事情-子どもの発達の課題と教育政策の動向を学ぶ-

【選択必修】学習指導要領改訂の動向-道徳教育教科化との関連で-

※定員に達したため受付を終了しました

期間

【必修】2017年8月4日(金)の1日間(6時間)
【選択必修】2017年8月5日(土)の1日間(6時間)

受講対象者

全職種(校種・免許教科は問いません。)
※本講習の内容により、受講時に就業中あるいは休職中の方に限らせていただきます(非常勤講師等登録中の方は対象外とします)。

職種

全職種

場所/募集人数

横浜キャンパス/72名

料金

12,000円

概要

【必修】「子どもの発達課題と教育政策の動向を学ぶ」
学校における教育活動をふり返って自らの教育観を確かめ、子どもの発達の課題について講義を通して考える。教育政策を巡る世界の動向と日本の方向性について講義を聴き、広い視野から日本の教育を考えられるようにする。

【選択必修】学校における教育活動をふり返りながら道徳教育の重要性について学ぶとともに、学校の教育課程の指標である学習指導要領の改訂の動向等を、道徳教育の教科化と関連づけながら、講師の情報提供および解説を通して理解する。

内容

  • 表が見にくい場合はPCまたはタブレットよりご確認ください。
1日目 8月4日(金)【必修】 2日目 8月5日(土)【選択必修】
1限
(80分)
9:00
-
10:20
  • オリエンテーション/自己紹介
  • 教育活動のふり返り(1)
  • 教育活動のふり返り(2)
(グループ支援者)
1限
(90分)
9:00
-
10:30
  • 教育活動のふり返り(5)
  • 教育活動のふり返り(6)
  • ラウンドテーブルのまとめ
(グループ支援者)
2限
(60分)
10:30
-
11:30
  • 教育活動のふり返り(3)
  • 教育活動のふり返り(4)
(グループ支援者)
2限
(120分)
10:40
-
12:40
  • 講義Ⅲ
    道徳教育教科化における実践の課題
  • 質疑応答
  • グループ討議
  • 各自の考察
(根岸 久明、グループ支援者)
3限
(120分)
12:20
-
14:20
  • 講義Ⅰ
    子どもの生活の変化と発達の課題
  • 質疑応答
  • グループ討議
  • 各自の考察
(荻野 佳代子、グループ支援者)
3限
(120分)
13:30
-
15:30
  • 講義Ⅳ
    学習指導要領改訂の意味
  • 質疑応答
  • グループ討議
  • 各自の考察
(安彦 忠彦、グループ支援者)
4限
(120分)
14:30
-
16:30
  • 講義Ⅱ
    グローバル化と日本の教育政策
  • 質疑応答
  • グループ討議
  • 各自の考察
(安彦 忠彦、グループ支援者)
4限
(30分)
15:40
-
16:10
  • 質疑応答
  • 講習のふり返り
  • アンケート記入
(根岸 久明、安彦 忠彦、グループ支援者)

講師

担当講師 講師の主要現職 主な専門分野・業績
安彦忠彦 神奈川大学特別招聘教授 教育課程論
大西勝也 神奈川大学人間科学部教授 教育哲学
道徳教育
古屋喜美代 神奈川大学人間科学部教授 臨床発達心理学
荻野佳代子 神奈川大学人間科学部教授 教育心理学
間山広朗 神奈川大学人間科学部教授 教育社会学
関口昌秀 神奈川大学経営学部教授 中等教育論
齊藤ゆか 神奈川大学人間科学部准教授 社会教育
望月耕太 神奈川大学経営学部助教 教育方法学
澤田敏志 神奈川大学人間科学部特任教授 特別活動、教育経営
根岸久明 横浜市立洋光台第一中学校校長 道徳教育、教育経営

履修認定の方法

筆記試験

講習一覧へ戻る

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ