メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

参加学生の声

新たな発見に出会えるチャンスの場

実習先
高見株式会社(TAKAMI BRIDAL)
実習期間
2016年8月4日、12日、15日、17日、23日
参加者
経済学部現代ビジネス学科3年 島 亜依未

私は大学の講座でブライダルプランナーについて学んだことがあり、今度は実際に業務を体験してみたいと思い、インターンシップに参加しました。業界知識を深めることはもちろん、就職活動へのモチベーション向上、新たな経験による自身の成長が実習参加前に定めた目標です。実習では、教会での模擬挙式、アテンダント業務の見学、そしてウェディングのプランニングとプレゼンテーションを経験しました。インターンシップを通じ、ブライダルプランナーの業務内容や、挙式当日のプログラム、アテンダント業務についての理解を深めることができました。また、ハワイウェディングについて学んで強く魅力を感じ、ハワイでのブライダル業に携わりたいと思うようになりました。これまで、海外ウェディングというフィールドの存在に気が付きませんでしたが、インターンシップに参加することで視野を広げることができました。このように、インターンシップは業界や職業に関する理解を深められることは勿論ですが、自分が想像もしていなかったような、新たな発見に出会えるチャンスの場でもあると実感しました。社員の方のお話を聞くこともでき、大学生活の中では体験できない貴重な経験が出来ました。

社会で必要とされている力が分かりました!

実習先
株式会社マツモト交商
実習期間
2016年9月5日~9日
参加者
理学部化学科3年 西藤 瑠也

私はインターンシップ参加にあたり、「実際の職場を知ること」、「今、社会で求められている力は何かを理解すること」を目標として実習に臨みました。実習を通じて、化粧品業界の仕組みやトレンドなどを知ることができ、業界に関する知識が深まりました。また、会社という組織は様々な部署が協力し合い、一つの目標に向かって進んでいるということも知ることができました。さらに大学の講義では学ぶことが難しい「実践力」というものも学ぶことができました。これらの気づきは実際に体験してみないと知り得なかったものだと思います。そして、実際に働く経験や社会人との交流を通じて、今求められている力を3つ理解することができました。1点目は自分の意見を分かりやすく伝える力、「発信力」。2点目は現状を分析し、課題を明らかにする力、「課題発見力」。3点目は目的を設定し、確実に行動する力、「実行力」。この3点は社会で活躍していくうえで必要不可欠な力だと分かりました。今回インターンシップに参加したことで、自分に足りない力や今後どのようなことを学んでいけばよいのかというものが明確になりました。

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ