• 印刷
  • 前のページに戻る
  • 過去に見たページをチェック

メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

学生チャレンジプロジェクト

概要

本学は、成長支援第一主義を掲げ学生の成長を支援しています。その一環として学生主体のチャレンジプロジェクトを広く募集し、優れた企画については大学として活動資金を援助する制度を2012年度に創設しました。これが「学生チャレンジプロジェクト支援」です。学生の皆さんの積極的な取り組みと応募を期待いたします。企画やアイデアがあれば、その実現に向けて学生課が相談に応じます。

支援対象

  1. 1件につき原則として10万円の範囲内で、審査により採否を決定します。採用は各期10件程度の予定です。
  2. 神奈川大学後援会※からのご寄付により、時限的に「神奈川大学後援会特別枠支援」として10万円以上、最大100万円のプロジェクトを募集します。本特別枠に応募する場合には、申請用紙の「神奈川大学後援会特別枠支援」を選択してください。ただし、支援枠には限りがありますので、応募多数の場合には選考により、上限10万円の通常枠(上記①記載)での採用となる場合があります。
    • 「神奈川大学後援会」は在学生の父母の会です。
  3. 原則として、1団体・1個人につき年1回の支援とします。
  4. プロジェクトの結果は神奈川大学ホームページ、その他媒体で公表します。

2016年度実績

六神祭
六神祭

近隣町内会・ケアプラザなど地域の方を大学に招き、課外活動団体6団体の学生による発表を行い、大学と地域の交流を図った。

LIFE × SPORT
LIFE × SPORT =

男女混合でフットサル、バスケットボール、陸上トラック競技などのスポーツを楽しみながら、学年学科の垣根を越えて交友関係を広げる機会を持った。

東南アジア紹介フェア
東南アジア紹介フェア

東南アジア地域の風俗と文化を紹介。展示会場では、軽食の販売、民族衣装の展示、試着、スタッフによる体験談コーナーを設けた。

東北ボランティア駅伝「浜っこまつり」
東北ボランティア駅伝「浜っこまつり」

ボランティア駅伝チームの企画。岩手県陸前高田市で行われている「はまっこ祭り」への神奈川大学ブースの出展。今年で4回目の参加となった。

KU Fab Camp
KU Fab Camp

経営学部Fab研究室の企画。Fab文化を利用した地域と大学、学生間の交流を図った。

SHCスポーツマッチ2016
SHCスポーツマッチ2016

昨年度、全日本女子サッカー選手権準優勝の成績を上げた女子サッカー部の集中応援企画。2試合で集中応援を行い、愛校心の醸成、学生同士の連帯を図った。

丹沢へ行こう
丹沢へ行こう

丹沢山地への登山をしながら、動植物の観察・撮影および清掃活動を行い、参加者に丹沢について深く知ってもらうと共に、丹沢の美化に貢献する。

関連記事

過去の実績

神大プロモーションマッピング

電気電子情報工学科の学生を中心に神奈川大学の紹介映像をプロジェクションマッピングで上映した。後援会特別枠で採択された長期プロジェクトとして、オープンキャンパス等で一般公開を行った。

弘岡チャレンジプロジェクト

パラリンピックアジア大会出場の学生(人間科学部2年次生)が自分自身の体験に基づいて、聴講者に夢や希望を持ってもらうことを目的として講演を行った。講演は東京大学、汐入小学校で開催された。

学生創作バレエ

神奈川大学の学生を中心として、他大学、社会人を含んだチームでバレエ公演を行った。発足時より本学教職員の協力も得て、工学部総合工学プログラムの授業でも企画が紹介された。本企画の代表者である本学学生(工学部3年次生)は、本企画および舞台全体の構成の決定など中心的な役割を担った。

お問い合わせ
横浜キャンパス 学生課
9:00~16:30
湘南ひらつかキャンパス 平塚学生課
9:30~16:30
過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ