• 印刷
  • 前のページに戻る
  • 過去に見たページをチェック

メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

奨学金・学費(学部生)

「学びたい!」を応援する多彩な奨学金制度

学ぶ意欲を持った学生が、経済状況に左右されてその夢を諦めてはいけない。
創立者・米田吉盛のそんな思いを受け継ぎ、本学では「米田吉盛教育奨学基金」を創設。
返還不要の給付型奨学金を中心に多種多様な奨学金制度を整え、あなたのやる気をしっかりサポートしていきます。

奨学金一覧

※すべての奨学金には出願・選考がともないます。

※奨学金制度の内容は変更になることがあります。

米田吉盛教育奨学金

名称 種類 金額 対象
予約型奨学金サイト内ページです
入学前に採用者を決定

在籍する高等学校および自宅所在地が神奈川県・東京都(伊豆・小笠原諸島を除く)以外の成績優秀な受験生に対し、入学後の経済的支援を行うことを目的とした給付型の入学前予約型奨学金制度です。
※主たる家計支持者及び従たる家計支持者(原則父母)の収入の合計が700万円以下
※高等学校卒業見込みの者で、評定平均値4.0以上の者

給付

文系学部:年額40万円
理工系学部:年額50万円
(原則4年間給付/継続審査有り)

一般入試(前期)・大学入試センター試験利用入試(前期)
出願予定者
給費生制度サイト内ページです
伝統ある給費生制度

給費生試験の成績によって奨学生としての採用を決める本学独自の奨学金制度です。毎年12月23日(祝)に全国20会場で「給費生試験」を実施し、給費生に選ばれると右記の奨学金が原則4年間給付されます。卒業後の返還の義務もありません。

給付

4年間で最大800万円、返還不要の奨学金が給付されます。

入学金等を除く初年度納入金のすべてを免除

文系学部:年額100万円給付

理工系学部:年額130万円給付
(原則4年間給付/継続審査有り)

自宅外通学者には年間70万円の生活援助金を給付

給費生試験
受験生
新入生奨学金
1年次の経済的負担を軽減

高校の成績が一定の基準(評定平均3.5以上)を満たし、かつ経済的理由により修学が困難な新入生に給付します。
※主たる家計支持者及び従たる家計支持者(原則父母)の収入の合計が700万円以下

給付 年間授業料の
30%相当額 さらに、地方出身ひとり暮らしの人は15万円
1年次
地方出身学生支援奨学金
自宅外通学をサポート

新入生奨学金採用者のうち、東京(伊豆・小笠原諸島を除く)・神奈川を除く地方出身者で、自宅外通学をしている学生に15万円を支給します。

自己実現・成長支援奨学金
目標に挑戦する志を応援

学術、文芸、スポーツ、社会活動など、様々な分野において明確な目標を持ち、優れた実績を上げ、さらに挑戦し続ける意欲のある学生を支援します。

給付 活動内容・実績による 全年次
指定資格取得・進路支援奨学金
資格取得に取り組む人に

公認会計士や税理士、国家公務員採用総合職試験など難易度の高い資格試験合格や、TOEIC®での高得点取得などに挑戦し、実績を上げた学生を支援します。

給付 資格・進路による 全年次
海外活動支援奨学金
海外留学資金をサポート

短期海外研修や交換留学などに参加する学生に対して、その活動内容に応じて支給します。

給付 留学先・期間により
短期:5万円
長期:月額68万円
全年次

修学支援奨学金

2年次以降の経済的負担を軽減

経済的理由により修学が困難で、一定の学業成績を満たし、学業成績、人物ともに優秀な学生を支援します。
※主たる家計支持者及び従たる家計支持者(原則父母)の収入の合計が700万円以下

給付 学業成績による年間授業料の
最大50%相当額
2~4年次
外国人留学生授業料減免制度
外国人留学生に学びの機会を

学業成績・人物ともに優秀で、経済的理由により修学が困難な私費外国人留学生の授業料30%相当額を減免します。また、学業成績が特に優秀な学生には授業料20%相当額をさらに減免します。

減免 年間授業料の
最大50%相当額
私費外国人
留学生
神奈川大学出身者支援奨学金
神大を卒業し神大大学院に進む人へ

神奈川大学を卒業し、引き続き神奈川大学大学院に進学する学生で、学業成績・人物ともに優秀な学生の授業料30%相当額を給付します。

給付 年間授業料の30%相当額 本学学部生
(卒業予定者)

神奈川大学独自の奨学金

名称 種類 金額 対象
村橋・フロンティア奨学金
「報恩、感謝、功徳」の精神を次代へ

本学卒業生・村橋三好氏の篤志から生まれた奨学金制度です。氏の精神「報恩、感謝、功徳」を理解し、その思いを引き継ぐ学生を支援します。

給付 40万円
(2016年度実績)
1・2年次
神奈川大学激励奨学金
課外活動で活躍する学生などを支援

成績・人物ともに優秀な学生、経済的理由による修学困難な学生に加え、課外活動で活躍する学生も対象にしたユニークな奨学金制度です。

給付 10万円 全年次

在学生の保護者中心の団体による奨学金

名称 種類 金額 対象
神奈川大学後援会給付奨学金
後援会も学生をサポート

他の奨学金を受給していない学生のうち、成績・人物ともに優秀で経済的理由により学費の支弁が困難な学生に20万円を給付します。

給付 20万円
(2016年度実績)
全年次

神奈川大学卒業生団体の奨学金

名称 種類 金額 対象
一般社団法人神奈川大学宮陵会給付奨学金
家計が急変した学生を支援

学業・人物が優秀で勉学意欲を持ちながら、家計が急変(家計支持者の死亡など)したために、学業の継続が困難になった学生を支援します。

給付 学費半期分の
50%相当額
原則として
4年次

その他の奨学金

日本学生支援機構奨学金

名称 種類 金額 対象
第一種奨学金

一定の学力基準を満たし、経済的に修学が困難な学生に無利息で貸与する奨学金。卒業後、返還が必要です。

貸与 それぞれ以下の金額より選択

自宅:3万円・5.4万円(月額)

自宅外:3万円・5.4万円・6.4万円(月額)

全年次
第二種奨学金

第一種奨学金に比べて学力・家計基準がややゆるやか。卒業後、返還が必要です。(利息は年3.0%が上限)

以下の金額より選択

3万円・5万円・8万円・10万円・12万円(月額)

外部団体の奨学金・地方自治体の奨学金

本学を通じて申し込むものと、団体に直接申し込むものがあります。詳しくはそれぞれの団体にお問い合わせください。

このページのトップへ

学費(2017年度入学者参考)

  法学部
経済学部
経営学部
外国語学部
人間科学部
理学部
工学部
納入学年次 内訳
1年次納入金 入学金 250,000円 250,000円 250,000円
学費 授業料 670,000円 670,000円 960,000円
施設設備資金 260,000円 260,000円 320,000円
委託徴収金 学会費 2,500円 3,000円 -
宮陵会準会員費 10,000円 10,000円 10,000円
後援会費 10,000円 10,000円 10,000円
学生教育研究災害傷害保険 3,300円 3,300円 3,300円
初年度合計金額 1,205,800円 1,206,300円 1,553,300円
分納 第1分納期(種別により異なります。) 740,800円 741,300円 913,300円
第2分納期(10月末日まで) 465,000円 465,000円 640,000円
2年次納入金(内訳:学費・委託徴収金) 967,500円 968,000円 1,315,000円
3年次納入金(内訳:学費・委託徴収金) 987,500円 988,000円 1,335,000円
4年次納入金(内訳:学費・委託徴収金) 1,007,500円 1,008,000円 1,355,000円

分納と納入期日について

学費は分納も可能です。1年次の第1分納期期日は入学手続時(※期日は入試種別によって異なります)、第2分納期期日は入学後(10月末日まで)です。
2年次以降の納入期日については、別途ご案内をお送りします。

このページのトップへ

教育ローンのご案内

神奈川大学では、銀行と提携し教育ローンの紹介を行っています。一般的な教育ローンよりも借入資格や利率面での優遇措置を受けることができます。提携金融機関、利率、優遇措置などは下表のとおりです。

(2017年3月現在)

神奈川大学と提携している銀行
および国の教育ローン
みずほ銀行 国の教育ローン
日本政策金融公庫
融資金額上限 保護者等 300万円 350万円
融資対策範囲 入学時 納付金、就学関連費用 納付金、受験費用、入学時に必要な費用
在学中 同上 納付金、住居費用、通学費用等
利率 固定 4.200% 1.810%
変動 3.375%
金利優遇措置 上記利率は、店頭公表金利より0.1%優遇 -
申込から融資までの期間 2~3週間程度 2~3週間程度
取り扱い店 みずほ銀行各本支店 日本政策金融公庫支店
取りまとめ店 みずほ銀行横浜駅前支店
  • 教育ローンの詳細については、各金融機関に直接お問い合わせだくさい。「日本政策金融公庫」は財務課にてパンフレットを用意していますのでご利用ください。
  • 提携銀行の教育ローン(国の教育ローンを除く)の申込み時に必ず神奈川大学との提携ローンであることを説明してください。
  • 各銀行では、期間を限定して利率等有利な教育ローンのキャンペーンを実施しているところがあります。
    また、利率を含む諸条件は融資時に変更されることがあります。詳細については各銀行等で必ず確認してください。
  • 日本政策金融公庫については、大学と提携していません。
過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ