メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

社会人入試(2019年度)

概要と日程

概要

この試験は、勉学への熱意と能力を持つ社会人に大学の門戸を開放し、大学教育を受ける機会を保障する入試制度です。社会における多様な活動を通じて得られた経験を活かして他の学生に刺激を与えるとともに、社会では体験できなかった知的刺激を大学や他の学生から受けることによって自身の成長を促し、さらには再度社会に貢献していくことを期待するものです。

日程

学部・学科
全学部・全学科
※経済学部経済学科経済分析専攻は実施しません。
試験日
11月25日(日)
出願期間
2018年10月26日(金)~11月1日(木) (消印有効)
合格発表日
11月30日(金)
入学手続締切日
[第一次]12月7日(金)
[第二次]2月22日(金)

募集人員

各学部・各学科とも若干名

出願資格と選考方法

出願資格

次の1~8のいずれかに該当し、かつこれまでの社会的活動(家庭、地域、職場、社会一般などにおける諸活動)を通じて、本学における勉学に強い意欲を持つに至った者で2019年4月1日現在で満23歳以上の者。なお、理学部および工学部では、9に規定する履修条件も満たす者。

  1. 高等学校(中等教育学校を含む。以下同じ) を卒業した者、または2019年3月卒業見込みの者。
  2. 高等専門学校の3年次を修了した者、または2019年3月修了見込みの者。
  3. 外国において、学校教育における12年の課程を修了した者、2019年3月31日までに修了見込みの者、またはこれらに準ずる者で文部科学大臣の指定した者。
  4. 文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程または相当する課程を有するものとして認定または指定した在外教育施設の当該課程を修了した者、または2019年3月31日までに修了見込みの者。
  5. 専修学校の高等課程(修業年限が3年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者または2019年3月修了見込みの者。
  6. 文部科学大臣の指定した者。
  7. 高等学校卒業程度認定試験(大学入学資格検定試験を含む) に合格した者、または2019年3月31日までに合格見込みの者。
  8. 本学において、個別の入学資格審査により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者。
  9. 次の学部・学科においては、下記の履修条件を付す。
    • ①理学部数理・物理学科を志願する者は、「数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学Ⅲ、数学A、数学B」(もしくはこれに相当する内容)を修得していなければならない。ただし、高等学校の工業に関する学科を卒業した者または卒業見込みの者についてはこの限りではない。
    • ②理学部情報科学科を志願する者は、「数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学A、数学B」(もしくはこれに相当する内容)を修得していなければならない。ただし、高等学校の工業に関する学科を卒業した者または卒業見込みの者についてはこの限りではない。
    • ③理学部化学科を志願する者は、「化学Ⅰ、化学Ⅱ」「数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学Ⅲ、数学A、数学B」(もしくはこれに相当する内容)を修得していなければならない。ただし、高等学校の工業に関する学科を卒業した者または卒業見込みの者についてはこの限りではない。
    • ④工学部総合工学プログラムを志願する者は、「数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学Ⅲ、数学A、数学B」「理科(物理Ⅰ、物理Ⅱ、化学Ⅰ、化学Ⅱ、生物Ⅰ、生物Ⅱの中から3科目以上)」(もしくはこれに相当する内容)を修得していなければならない。
    • ⑤工学部機械工学科、電気電子情報工学科、情報システム創成学科、経営工学科を志願する者は、「物理Ⅰ、物理Ⅱ」「数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学Ⅲ、数学A、数学B」(もしくはこれに相当する内容)を修得していなければならない。ただし、高等学校の工業に関する学科を卒業した者または卒業見込みの者についてはこの限りではない。
    • ⑥工学部物質生命化学科を志願する者は、「化学Ⅰ、化学Ⅱ」「数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学Ⅲ、数学A、数学B」(もしくはこれに相当する内容)を修得していなければならない。ただし、高等学校の工業に関する学科を卒業した者または卒業見込みの者については、「化学Ⅰ、化学Ⅱ」(もしくはこれに相当する内容)を修得した者とする。
    • ⑦工学部建築学科は特に指定しない。

出願資格8によって出願する者は、事前審査を行います。
詳細については、本学ホームページ「神奈川大学入学資格審査要項 PDF(181KB)」で確認してください。

  • 出願資格の詳細および出願方法については、入学試験要項サイト内ページですでご確認ください。

選考方法

  • 書類審査(出願書類)
  • 筆記試験(小論文/60分)※
  • 面接試験
  • 外国語学部英語英文学科の小論文には英語の内容を含む。

入試制度のほかに、以下のような制度を設けています。

長期履修学生制度(法学部・経済学部・人間科学部対象)

「長期履修学生制度」とは、通常の修業年限を超えて履修を行い、所定の単位修得等の要件を満たして卒業することにより、学位取得を可能とする制度です。

本学では、社会人入試により入学した学生で、通常の修業年限(4年)を超えて、一定の期間(6年)にわたり計画的に教育課程を履修し卒業することを希望し、入学手続時に申請した者が、この対象となります。

(授業の開講時間は、1時限・9:00から6時限・20:40までとなります。夜間授業はありません。)

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ