メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

外国高等学校在学経験者(帰国生徒等)入試(2018年度)

出願資格

以下の[資格A]、[資格B]または[資格C]のいずれかの要件を満たす者で、2018年3月31日までに18歳に達する者。

資格A

原則として日本国籍を有し、次の1~6のいずれかに該当する者で、外国において中等教育機関(高等学校)に2学年以上継続して就学した者。

  1. 文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程または相当する課程を有するものとして認定または指定した在外教育施設に就学し(帰国後日本の高等学校に編入学した者も含む)、かつ、学校教育における12年以上の課程を修了した者または2018年3月31 日までに修了見込みの者。

  2. 外国において、外国の学校教育制度に基づく中等教育機関(高等学校)に在籍し(帰国後日本の高等学校に編入学した者も含む)、学校教育における12年の課程を修了した者または2018年3月31日までに修了見込みの者(高等学校卒業までに少なくとも12年の学校教育課程を基本とする国で、「飛び級」または「繰り上げ卒業」により通算教育年数が12年に満たずに卒業した者を含む)。

  3. スイス民法典に基づく財団法人である国際バカロレア事務局が授与する国際バカロレア資格を有する者。

  4. ドイツ連邦共和国の各州において大学入学資格として認められているアビトゥア資格を有する者。

  5. フランス共和国において大学入学資格として認められているバカロレア資格を有する者。

  6. 高等学校卒業程度認定試験(大学入学資格検定を含む)に合格した者または2018年3月31日までに合格見込みの者で、かつ、2018年3月31日までに18歳に達する者。

資格B

日本の高等学校の課程に相当する在日の外国教育施設に2学年以上就学し、学校教育における12年の課程を2018年3月31日までに修了見込みの者(国籍は問わない)。

資格C

資格A に該当する者を除き、外国および日本において12年以上の課程に通算して就学し、卒業した者または2018年3月31日までに卒業見込みの者で、外国において2学年以上継続して就学した者。ただし、日本の中学校・高等学校に通算して6年以上在学し、卒業した者を除く(国籍は問わない)。

選考方法

  • 書類審査(出願資格含む)
  • 筆記試験 ※
  • 面接試験
  • [法学部・経済学部 *1・経営学部]小論文(60分)
    [外国語学部・人間科学部]小論文(60分)、英語(60分)
    [理学部・工学部]小論文(60分)、総合問題(数学・理科等に関する問題/60分)

*1 経済学部経済学科経済分析専攻は実施しません。

出願例

資格A 日本国籍を有す。主に帰国生徒。

日本あるいは外国における学校教育

外国における中等教育機関(高等学校)2年以上

合計で12年の課程を修了

資格B 国籍は問わない。在日外国教育施設に在籍している方。

日本あるいは外国における学校教育

高等学校の課程に相当する在日の外国教育施設2年以上

合計で12年の課程を修了

資格C 国籍は問わない。外国の教育機関に在籍経験のある方。(資格Aを除く)

外国における学校教育2年以上

日本における中学・高等学校教育6年未満

合計で12年の課程を修了

募集人員

各学部・各学科とも若干名

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ