• 印刷
  • 前のページに戻る
  • 過去に見たページをチェック

メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

遺贈による寄付制度

 「遺贈による寄付制度」とは、卒業生・教職員・一般篤志家の方々が所有されている資産の一部またはすべてを、将来遺贈の形でご寄付いただき、神奈川大学の教育研究活動のより一層の充実発展のために活用させていただく制度です。
 近年、慣習にとらわれない自由な相続により、自己の志や思いを実現するための方法として、遺贈を通じた社会貢献に対する関心が高まっています。
 神奈川大学では、遺贈により本学へのご支援をお考えの方々の篤志を広く受け入れ、その便宜を図るため、りそな銀行と提携しております。
 本制度へのご理解とご活用を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

遺贈による寄付制度の仕組み

遺贈による寄付制度の仕組みの図

相続税の優遇措置について

本学への遺贈財産は相続税のかからない非課税財産となります。

お問い合わせ
神奈川大学 総務部募金課

〒221-8686
神奈川県横浜市神奈川区六角橋3-27-1

TEL : 045-481-5661(代)045-481-5661(代)[内線2155]

FAX : 045-481-2741

E-mail:bokin-jml@kanagawa-u.ac.jp

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ